言うなの地蔵

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

とかく世間で疎んじられますのは。
口の軽い男に、尻の軽い女だナドと申しますが。

人様の事ならいざ知らず。
己のことなら喋ってもよかろうト。
そうお考えになるのも分からぬではないが。
やはり、あながち得策トハ申せません。

ここに三太ト申すヤクザ者がございまして。
腕っ節の強い大男でございましたが。

この者はほんの若い時分から。
非常な見栄っ張りでございまして。
都で一旗上げるのだト。
大見得切って村を出ていきましたが。

都の方ではそんな若者ナド。
佃煮にしてなお余るほどにおりますから。
やがて野心も行き詰まる。
どころか、暮らしも立ち行かなくなりまして。

無い袖は振れず。
背に腹もまた代えられません。
三太は一旦故郷へ帰りまして。
身を立て直して都へ戻ろうト考えた。

ところが、国へまだ行き着きもしないうちに。
三太はとうとう一文無しになってしまいまして。
もう三日もものを食べておりません。
腹をすかせて峠の一本道へやって来ましたが。

木陰に座り込んで、ただ朦朧としておりますト。
坂道の向こうからせっせと登ってくる男が見える。
背に大きな荷を背負っております。
汗をかきかき、前を通り過ぎようとするのを呼び止めまして。

「おい、お前。背中に何をしょっている」

相手の男は、三太を見下すように一瞥するト。

「ああ、これか。これは俺が五年の間、身を粉にして働いてな」
「ほう」
「都土産に買ってきた綾錦の反物だ」
「ほう」
「故郷のおっ母に見せてやろうと思ってな」
「ほう」
「これが本当の故郷に錦というやつサ」

ト言って、横柄そうに笑います。

三太はまるで動じもせずに。

「ああ、そうか。ところでお前、食い物は持っているか」

ト、尋ねますが。

スポンサーリンク

「いや、ない。麓でみんな食ってきた」

相手の男はそっけない。

「そうか。それなら、背中の荷物を置いていけ」
「な、なにを」
「背中の荷物を置いていけと言うんだよ。何度も言わすな」
「どうしてお前にくれてやらなきゃならねえ」
「腹が減って力が出ねえからだよ。面倒かけずにさっさと置いていけ」

三太の勝手な言い分に、男は呆れ果てまして。
憮然とした表情で、峠を下りていこうト歩きだす。
するト、三太はもそもそト立ち上がりまして。
さも面倒そうに男の背後から歩み寄って、荷に手を掛けた。

「な、なにをする」
「力が出ないと言っただろう。余計な手間を掛けさせるなよ」

三太は男の荷物を乱暴に引きずり下ろしますト。
そのまま後ろから首根っこをひっ捕まえて振り回す。
力自慢の大男に捕まったものですからたまりません。
相手の男は倒れざまに、岩に頭をぶつけて伸びてしまった。

「い、命ばかりは助けてくれ――」
「うるせえ。嫌な笑い方をした己を恨め」

三太は落ちていた石で相手の男の頭を殴りつける。
鮮血が噴き出し、男はやがて静かになる。
三太はそのまま、男の脇に倒れ込みまして。
荒い息をなんとか整えておりますト。

その目に入ったのは、路傍に佇む一体の地蔵。
恐れ多くもムッとして、三太は地蔵に毒づいた。

「おい、地蔵。お前、見てただろう。誰にも言うなよ」

そう言って立ち上がり。
男の背負ってきた荷を担ぎ上げ。
自身が背負って歩き出した、三太のその背に。
不意に呼びかけてきた声がある。

「わしゃあ言わんが、ワレ言うなよ」

三太はびくっとして後ろを振り返る。

「だ、誰だッ」

もはや返事はございません。
そこには微笑を湛えた地蔵が、一体立っているばかり。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから