三尺の翁が顔を撫でる

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
平安の昔の話でございます。

ただいま、徳川様の二条城が鎮座する地には。
もと、冷泉院(れいぜいいん)ト申す後院がございました。
後院ト申すは、上皇の御所でございます。
つまり、天皇の地位を退いた後の、終の棲家でございますナ。

さて、この冷泉院でございますが。
もともとは名を冷然院ト申しました。

ところが、度重なる火災のために。
何度も消失いたしましたので。
「然」が「燃」に通じるトして。
「泉」の字に改めたのでございます。

この冷泉院には、文字通りト申しましょうか。
泉ならぬ池がございました。

延喜年間に京の町の井戸が枯れました際には。
院を開け放ち、この池の水を誰にでも自由に汲ませたという。

陽成上皇がお隠れになった後。
この冷泉院の寝殿は、一条へ移されまして。
跡地はすべて町家となる。
池の周りにも人が住むようになりました。

さて、ある夏の夕暮れ時でございます。

この池の畔に住んでいた男が。
気持ちよく昼寝をしておりましたが。
じりじりト西陽の照りつける中。
涼しい木陰でまどろんでおりますト。

己の顔の上あたりに、何やら人の気配を感じる。

怪しく思って目を開けますト。
そこに、翁(おきな)がひとり立っていた。
こちらをじっと見下ろしております。

ト、これがただの翁ではございません。

スポンサーリンク

身の丈はたった三尺(90cm)ほど。
その小さな体が、年老いて腰から折れている。
顔には深い皺が刻まれております。

その不気味な生き物が。
やにわに手をこちらへ。
伸ばしてきたかト思いますト。

にゅっと男の顔を撫でました。

寝ていた男はびっくりしましたが。
あまりに気味が悪いので、気づかぬふりを決め込んだ。

翁はしばらくそこに立っておりましたが。
やがて日が沈んだ頃を見計らったのか。
その場を立ち去っていきました。

男は身を起こして、翁の後を密かに追う。

星月夜の月明かりに。
小さな翁の影を見て。

やがて翁がやって来ましたのは。
かの冷泉院の池の畔。
汀までスタスタ歩いてまいりますト。
翁はズボンッと飛び込んだ。

あたりをいくら探しても。
小さな翁の姿は見当たらない。

この池は久しく人の手が入っておらず。
水草や菖蒲が鬱蒼と生い茂っている。
いとも恐ろしげな佇まいでございます。

さすれば、あれは池に棲む妖物ではなかろうかト。
噂しているところへ、その後も毎晩翁が現れる。
夜ごと、人の顔を撫でては去っていきますので。
土地の者はみな、怖れて震え上がった。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから