剣樹刀山 炎熱地獄

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、女犯の口止めをした僧の文秀が、騙されたことに怒り、人形を作って相手を呪うところまでで――。

呪われた者は、こちらも自業自得ではございますが。
これだけの怨念を一身に受ければひとたまりもない。
それから幾日か経った後、ついに頓死を遂げました。

「ただの生臭坊主とみくびっていたが、恐ろしい男だ」
「ああいうのとは関わり合いを持たないのがいい」

村の者たちは、途端に文秀を怖れるようになる。
もはや誰も、その庵を訪ねようとはいたしません。
それは庄屋の娘にしても同じことでございます。
そうしてしばらく、文秀の音信は途絶えておりましたが。

「大変だ。とうとう気狂いになって出てきやがった」

村人たちの間をそんな知らせが駆け巡る。

目玉を剥き。
髪や髭を生え伸ばした文秀が。
赤裸で山を駆け回っているトいう。

「テテテテテテッ、チチチチチチチチチッ」

囀るように舌を打ちながら。
狂ったように駆けずり回るその姿は。
もはや鳥獣ナドと喩えるどころでない。
地獄に堕ちた亡者そのものでございます。

「剣が――。剣が地の下から生えてくるッ――。タケノコのようにどんどん生えてくるぞ。テテテテテテッ、チチチチチチチチチッ――」

一歩踏み出すごとに、突き刺さるような激痛に飛び上がる。
飛び上がれば、当然また地に足が降りる。
再び身を貫く痛みにギャッと飛び上がる。

延々トこの繰り返しでございます。

「おいッ。そこらの木にでも掴まったらどうだい」

見かねて村のある者がそう叫びますト。
文秀は藁にもすがる思いで路傍の木に飛びついた。
が、すぐに跳ね返されるように、飛び退きまして。

「木も草も、みな剣のようだッ。テテテテテテッ――」

もはや誰にも手がつけられず。
文秀は山中を裸で駆け巡ること、実に三日三晩。

この噂を代官が聞きつけまして。
「捨て置くことも如何なものか」
ト、役人たちを山へ遣る。

数人で追い回し、叩きのめして、ようやく馬に乗せ。
文秀は中の郷へ連れ戻されました。

「馬の背から剣が生えてくるッ――。尻の穴に突き刺さるッ――」

文秀は座敷牢に入れられまして。
しばらくは牢の中を駆けずり回っておりましたが。

やがて、徐々に落ち着いてくる。
すっかりこの妙な病が癒えますト。
赦されて、久方ぶりに娑婆へ出ましたが。

何を思ったか、月も出ぬ晩。
松明を掲げていずくへか向かう。

現れたのは庄屋の屋敷でございます。

スポンサーリンク

勝手知ったる他人の家。
するするト娘の部屋の前庭へ出て。
かつての合図で招き呼ぶ。

娘は警戒してなかなか出てまいりません。
それでも、かつての情人には違いありませんから。
やがて、おずおずと現れて庭に下り立ちますが。
これが娘の運の尽きで。

「畜生ッ。よくも俺を裏切ったなッ」

ト、ひと声叫ぶや。
手にした松明で娘の頭を打ち据える。
どうやら、捨てられたト恨んだ様子です。

「思い知れッ。思い知れッ」

哀れ、娘は気絶するほどに打ち据えられ。
顔は煤と痣とで真っ黒になる。

地に倒れ込んだ娘の着物や長髪に。
修羅の文秀が松明の火をかざします。

騒ぎを聞きつけて、家人が現れますト。
そこにイモリの黒焼きが一体出来上がっていた。

間もなく文秀は引っ立てられていきましたが。
代官屋敷へ向かう途中の林の中で。
突然、呻き声を上げ始めました。

「熱いッ。熱いッ。体が焼けるッ。体の内から火が燃えるッ」

役人たちは驚いて目を見張る。

「水をくれッ。水を――」

ト、息も絶え絶えに悶え苦しみますので。
そこらの笹の葉に集まった露を呑ませてやりますト。

「熱いッ。熱いッ。炎が喉になだれ込むッ――」

代官屋敷に着きますト。
すぐに桶一杯の水が運ばれまして。
役人たちが柄杓で代わる代わる。
口に含ませようといたしましたが。

文秀は悲鳴を上げるばかりで、舐めもしない。
「水、水――」ト、呻きながらやがて空しくなりました。

文秀の亡骸は、炎熱に溶けた蝋細工のように。
その身が跡形もなく爛れていたという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(片仮名本「因果物語」上の四『人を詛ふ僧忽ち報ひを受くる事 付 火あぶりの報ひの事』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから