崖の上の狐とお歯黒婆

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、崖の上で狐に悪戯をした宗介が、再び同じ場所へ戻ってくるところまでで――。

こんな時分に日が暮れるはずがない。
一体、どうしたことだろうかト。
まさに狐につままれたような心持ちで。
宗介はそれでも、家路を急いでおりましたが。

あたりはどんどん闇に包まれていく。
一寸先も見えぬほどの有様です。
鼻をつままれても分からない。

弱りきって、あたりを見回してみますト。
向こうの方に、灯りのついた一軒家がある。
こうなったら松明か提灯でも貸してもらうしかございません。
宗介は訳の分からぬまま、手探りでその家に向かっていった。

「もし、ごめんください。どなたかいませんか。ごめんください」

しばし、沈黙が闇を包み込む。
煌々と灯りはついているが、中に人の気配はございません。
宗介は一つため息を付いたが、トいってどうなるものでもない。
仕方がないので、勝手に障子戸をガラガラと開けますト。

中には八十ほどの老婆がひとり。
まばらな白髪を振り乱し。
背中を猫のように丸めている。
囲炉裏の火にじっと当たっているのでございます。

そうして、震える手で筆を握り。
不釣り合いに丈夫そうな白い歯へ。
一本一本、慎重に。
お歯黒を塗っておりました。

宗介は妙に思いながらも。
今はひとに構ってナドいられない。

「お婆さん。町から帰る途中で日が暮れてしまいましてな。松明か提灯があったら貸してもらうわけにはまいりますまいか」

老婆は何も答えません。
ぱちぱちト囲炉裏の火が燃える音が立つばかり。
老婆は一心不乱に鉄漿(かね)を塗る。
耳が遠いのだろうかト宗介は訝しがりつつも。

「婆さん。松明か提灯はあるかね。あったら貸してもらいてえ」
「松明も提灯もねえ」

振り返りもせず、老婆が一言答えました。

「弱ったな。それじゃあ、一晩だけここに泊めてもらうわけにはいかねえか」
「布団もねえし、もとより女所帯だ。泊める訳にはいかねえ。囲炉裏に当たるだけなら好きにしろ」

ト、相変わらず熱心に鉄漿を塗りながら老婆が言う。

宗介は黙って老婆と差し向かいに座りました。

それから永い時が経ちましたが。
老婆は一言も発しません。
ただ、雪のように真っ白い歯の一本一本に。
漆黒の鉄漿を丁寧に塗っていくばかり。

薪が徐々に尽きてゆく。
囲炉裏の火が段々小さくなってゆく。
あばら家の夜はどんどん冷えてゆく。

薪の準備らしきものはどこにも見えない。
火が燃え尽きたら、この家もたちまち闇。

老婆はどうするつもりなのだろうかト思いながらも。
宗介はただ相手をじっと見つめることしか出来ません。

老婆の白く生えそろった歯を。
黒く染めてゆく艶ある鉄漿。
筆先を見つめる丸い目玉。
その目玉が、眼窩の中で不意にぐるりト回りだした。

スポンサーリンク

右へぐるり。
左へぐるり。

魅入られたように宗介は。
回る目玉をじっと見る。

ト。

――。

――。

「カネは付いたかッ」

唐突に老婆が裏返った声でそう叫び。
ヌイっと顔を突き出してきた。
鉄漿を塗り尽くした黒い歯が。
宗介の目の前にズラッと並ぶ。

「ワッ――」

ト、宗介は思わず後ろへ飛び退きますト。
その身は何故かそのまま宙を飛んでいた。

「あッ」

ト気づいて、下を見下ろしますト。
我が身はいつしか、かの崖の上から投げ出されている。

宗介はたちまち、深い淵の中へドボンッ。

突然のことに必死にもがきますが。
もがけばもがくほど、口から水がゴボゴボと入ってくる。

空には沈みゆくお天道さま。
そしてその夕陽を背に浴びて。
件の狐が崖の上から。
こちらをじっと見下ろしている。

「ざまあみろ。人間ごときが――」

やがて人間の若者は、深い淵の中へ力なく飲み込まれていったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(奥州八戸ノ民話ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから