子育て幽霊

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐土(もろこし)の話でございます。

淮河と長江に挟まれた宣城の地は。
かつて戦乱に巻き込まれたことがございまして。
人々は取るものも取りあえず、四方へ離散する。
土地は踏みにじられて、ペンペン草も生えない有様トなりました。

さて、その頃のこと。
さる百姓家に一組の若い夫婦がおりましたが。
夫は兵士に取られたまま帰ってこない。
身重の妻は大きな腹を抱えて、ひとりで家を守っている。

ところが、戦とは無情なものでございます。
ある日、敵軍の兵士たちがこの村へなだれ込み。
命乞いする人々を、容赦なく殺してしまいました。

難を逃れた者たちが帰ってくるト。
この家の妻が、大きな腹を守るようにして。
土間に倒れ込んでおりました。

「いけない。もう死んでる」
「可哀想に。お腹の子だけでも生かしてやりたかったが」

隣家の者たちは哀れに思いまして。
この女を村の廟の裏手の墓地に葬ってやった。

それから一日が過ぎ、二日が過ぎ――。

三日目の晩を迎えた頃から怪異が起こる。

「おい。あそこに見えるのは何だ」
「何だか、あそこだけ明るく照ってるように見えるな」

廟に近い民家から。
暗闇にぽおっと見える仄かな灯り。
ひと気のない墓場の草陰に。
赤い火がゆらゆら蠢いている。

「今、何か聞こえたろう」
「聞こえた。何か、甲高い声が――」

風にさらさらト草むらが揺れる。
そのさざめきに紛れるようにして。
赤ん坊のオギャアオギャアと泣く声が。
乳を求める子の声が――。

村から一里離れた町に。
餅屋が一軒ございましたが。
ある時から日暮れ時になるトこの店に。
妙な女が通ってくるようになった。

スポンサーリンク

「あの――」
「――はい」

ト、振り返るト。

白い衣に黒髪を長く垂らした陰気な女が。
赤児を胸に抱いて外に立っている。

「どうしなすった」

店の主人はその陰鬱さに気圧されまして。
窺うようにそう尋ねてみますト。

「あの――この子に餅を一枚くださいまし」

赤児は死んだように眠っている。
石仏のように微動だにしません。

主人はますます訝しく思いまして。

「それはいいが、お金はちゃんと持ってるだろうな」
「はい――」

ト、確かに金を渡されましたので。
餅を一枚売ってやりましたが。

それから毎日のように、日が暮れた頃を見計らって。
赤児を抱いた陰気な女が通ってくる。

主人も気味悪く思っていたところへ。
ふと、女の出した金を改めるト。
いつの間にかそれが、紙銭に化けていた。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから