::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

八王子千人同心 蛇姫様

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、姫と若党金弥の道ならぬ恋に、槍持の妻お松が手を貸すところまでで――。

スルスルスルと板戸を開けて。
金弥が先に表へ出る。
ト、そこに大きな影が。
仁王立ちをして待ち構えている。

「あッ――」

ト、思わず上げた金弥の声。
若党は首筋に冷たい刀でも当てられたような心持ちで。

愛しい男の叫び声を聞き。
戸の内側から、姫が心配して駆けつけてくる。

見るト、そこに大きな影。

「あッ――」

ト、これまた声を上げた。

頼母は乱暴に二人の首根っこを掴まえますト。

「貴様ら――、畜生にももとる――。不義の交わりをしおって――」

言葉にならぬ言葉を吐き。
引き摺るようにして二人を連れて行った。

娘を汚されたと知った父の怒りは。
古今東西変わることがございません。
ただ、この頼母の恐ろしいことは。
その怒りが娘にも容赦なく向けられたことで。

「あの世で好きなだけ戯れておれッ」

自家の豆畑の榎の木の下に。
二人を引き摺ってまいりますト。

「ヤッ」

ト、一刀両断。

有無を言わさず、娘と若党の首を。
一刀のもとに斬り落としてしまった。

それから、数日後。
豆畑の血溜まりが。
まだ乾きもきらぬそのうちに。

スポンサーリンク

大森何某の家の門、その梁の上。
雌雄一対の大きな蛇が。
互いにとぐろを巻き合って。
淫らに絡みつくようにうねっていた。

二匹の蛇はしばらくそうして。
お松の家に巣食っておりましたが。

程なくして、当の大森家が没落する。
姫にとっては恩人のはずが。
屋敷は取り壊される憂き目を見る。

「ひ、姫様の祟りだ」
「もう、恩も仇も見境がつかないらしい」

やがて、萩原屋敷も姿を消し。
後には一片の広い豆畑ト。
大きな榎の木が残るばかりトなりましたが。

歳月が経ち。
誰も路考姫の祟りなど。
気にしなくなったその頃に。

「あそこの空き地は誰も手を付けようとしねえ。どうしたわけだか知らねえが、もったいねえじゃねえか」

三吉ト申す百姓が。
せっせと土を耕しまして。
そこに瓜の種を植えました。

芽が出て――。
蔓が伸び――。
大きく実る――。

三吉は、そろそろ採り入れようト。
かがんでふと、覗き込みますト。

瓜の中から、もぞもぞト。
食い破って出てきたのが、二匹の蛇。
互いに絡み合いながら、竜巻のように一気に躍り上がりますト。
三吉の両の目玉に、ガッとそれぞれ食いついた。

人々は蛇神の祟りに恐れおののきまして。
榎の下に祠を建て、今更ながらにこれを祀りました。

男女の愛執が怨念と化し、見境なくこの世を彷徨い続けるという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(武蔵国八王子ノ伝説ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから