::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

吉田御殿 千姫乱行

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、己の命を救った坂崎出羽守との再縁を拒んだ千姫が、その祟りのために夫の中務大輔を失うところまでで――。

若くしてご後室(未亡人)トなられた千姫様は。
黒き長髪を半ばにバサリと切り落とし。
天樹院と号して、夫の菩提を弔う日々を送ります。

その頃、番町に三千坪の空き地がございましたため。
ここに御殿を建ててお住いとされました。

これはもと、吉田大膳亮(よしだ だいぜんのすけ)ト申す旗本の屋敷でございまして。
その跡地へ建てたことから、俗に吉田御殿ト称えるものでございます。

さて、この頃、江戸市中では妙な唄が流行っておりました。

――吉田通れば二階から招く
しかも鹿の子の振り袖で――

かの坂崎出羽守の怨念のなすところでございましょうか。
はてまた、一人寝の寂しさに御心の乱れたためでございましょうか。

まだ三十にもならぬ女ざかりの天樹院様は。
日がな御物見に上がられては、道行く人々を眺めて暮らし。
中に佳い男があれば、女中に命じて屋敷へ引き入れる――。
いつしか、そんな噂が立つようになりました。

牛込の牡丹屋敷ト申す粗末な長屋の一隅に。
与吉ト申す貧しい小間物屋が住まっておりましたが。
これが大層な美男子でございまして。
どこへ商いに行っても、女客たちからとても大事にされている。

「これ。そこな商人」

ちょうど番町の屋敷屋敷を回っておりますところへ。
通用口から覗くように声をかけてきた女中がある。

「その方は何を商っておる」
「へ、へえ。ご覧の通り背負い荷を売り歩く小間物屋で」
「求める品がある。ついておいでなさい」
「いえいえ、こちら様でお求めになるような結構な品などございません。歯磨き楊枝に竹の皮の草履が関の山で」
「良いからついておいで」

言われて中へ入ると、途端に門がバタリと閉まる。
待ち受けていた品の良い老女が、与吉を見て静かに頷いた。

「よう連れてまいった」
「岩藤様。今日こそは逃すまいと骨を折りました」
「それでは例の通りに身繕いをしておやりなさい」

岩藤ト呼ばれる老女に促されて。
女中が与吉を奥へ案内する。

与吉はうぶでございますから、吉田御殿の噂など露知りません。
このお屋敷に誰が住まっているかもよく知らない。
訳が分からぬまま風呂に入れられ、髪を結い直され、上物の着物を着せられた。

「なるほど、お上はやはりお目が高い」
「こうして磨いてみると、たいそう美しゅうございます」

老女はぽかんとしている与吉を立ち上がらせて。

「さあ、その唐紙を開けて中へ入りなさい。お上がお待ちじゃ」
「ちょっ、ちょっと待ってください。さっきから、お上とは一体誰です」
「天樹院様である」
「て、天樹院様――」

与吉は天下の大将軍の姫君が、どうして自分を待っているのか知る由もない。
震えながら唐紙を開けるト、そこは一面の大広間。
奥のしとねに世にも美しい貴人がひとり、座している。

余りの恐れ多さにガタガタ震えだす与吉を見て。
天樹院は匂うような笑みを零しながら。

「与吉。近う寄れ」

与吉は畳に額をこすりつけるようにして、呼ばれるまま前へ進み出る。
天樹院が目で合図をするト、並び居る女中のひとりが盃に酒を注いで与吉に渡す。
衆人環視の中で与吉がようようそれを飲み干しますト。

「その盃をこれへ持て」

与吉が口をつけた盃で天樹院が同じように酒を飲み干した。

何度もこれを繰り返しているうちに。
与吉も徐々に目の前が回り出す。
気づけば白羽二重の夜具の中。
天井から紗の蚊帳が釣られていた。

黒塗り骨の水団扇でソヨソヨと風を送りながら。
伏し目がちにこちらを見下ろしている麗人は。
他でもない天樹院でございます。

「与吉。今宵より伽を申し付ける」

そうして奇妙な夜は更けてゆき。
二晩、三晩ト重ねるうちに。
与吉もすっかり骨抜きになる。

この御殿には庭に大きな池がございまして。
その向こうには築山がございます。
水を含んだ涼しい風が、与吉の頬を撫でていく。

スポンサーリンク

「うーむ。いい風だ」

与吉はかつて己がしがない小間物屋だったことなど。
すっかり忘れて秋の日暮れに佇んでいる。
そこへ、築山の後方から鴉がカアカアと。
鳴きながら五、六羽飛んでまいりましたが。

バサリと何かを与吉の足元に落としていった。
拾い上げてみるト、イヤにじとじとと濡れた黒いもので。

「ヤヤッ。これは、髪だぞ。――男の髻の毛だ」

びっくりしてその場に投げ出しましたが。
怖いもの見たさとはまさにこのことで。

与吉は池を回って、かの築山に近づいていく。
裏手に回るト、大きな古井戸がございました。

その上空を鴉が一羽。
カアカア鳴きながら旋回している。
古井戸から嫌な匂いがプーンと立ち込めている。

片手で鼻を摘みながら。
もう片手で井桁に手をかけて。
与吉が中を覗いてみるト――。

そこには夥しい数の髑髏がうずもれておりました。

「手間が省けたぞ。与吉殿」

背後から投げかけられたその声は。
天樹院様お付きの老女中、岩藤の声に違いない。

与吉は振り返ろうといたしましたが。
何者か二人にすでに左右の肩を。
取り押さえられて身動きが取れません。

「天樹院様よりお暇が出た。長きの伽、ご苦労であった。今日までのお上のご寵愛、ありがたく思われよ」

与吉の首にヒヤリと冷たいものがあてがわれる。

「あッ――」

ト思う間もなく、首はすぱりト斬り落とされて。
井筒の中をゴロゴロと転がり落ちていきました。

「岩藤様。役者沢之丞ト申す男、身支度が整いましてございます」

女中が岩藤に知らせにまいりました。

「よろしい。それでは、お上にお知らせなさい。もう昼前から首を長くしてお待ちじゃ」

後に吉田御殿での乱行は、大公儀に知られるところとなり。
天樹院は発覚を恐れて屋敷に籠もった末、自害して果てたト申しますが。

その後、御殿は荒屋敷と化し。
夜な夜な古井戸から火の玉が飛ぶとの噂が絶えず。
ついに取り壊されることとなり。
後には一面の草むらトハなりましたが。

かようにして一度、更地にされた後に。
建てられたのが火付盗賊改、青山播磨守主膳のお屋敷で。

更地に建った屋敷であることから。
その名も更屋敷と呼ばれるようになり。
それがいつしか皿屋敷ト呼び習わされるようになる。

巡る因果は止められず。
千姫ゆかりの古井戸とともに。
青山主膳、腰元お菊の、恐ろしい皿屋敷の凶事を招くことになるという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(講談「番町皿屋敷」ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから