::お知らせ:: 画師略伝 葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず― を追加しました
 

母は蛭子を淵に捨てよ

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

こんな話がございます。

我が日の本には八百万(やおよろず)の神々がましますト申しますが。
みとのまぐわい(美斗能麻具波比)によって、この神々を産みたもうたのは。
伊邪那岐(いざなぎ)、伊邪那美(いざなみ)の二柱の男女神でございまして。
その第一に生まれた御子は、名を蛭子(ひるこ)ト申します。

これは「ヒルのごとく悪しきもの」トいうような意味だそうでございますが。
コトを始めるのに、女の方から声を掛けたのがいけなかったとかで。
御子は三年経っても足腰が立たなかったト申します。
哀れ、不具の子は葦舟に乗せられ、水に流されてしまいました。

これが我が朝の水子の初めでございます。

さて、お話は都が奈良にあった頃のこと。
難波津にとんでもない女がございました。

何がとんでもないかト申しますト。
この女はとにかく人からよく物を借りる。

そればかりなら誰も不満は申しませんが。
よほど人間が横柄に出来ているのでございましょう。
己の物は己の物、人の物も己の物という了見で。
借りた物を返そうというつもりがハナからない。

「ちょいと貸しておくれよ」
「一度だけ使わせておくれよ」
「明日には返すよ」

薪を借りる、塩を借りる、笠を借りる、籠を借りる――。

家の中はまるで道具屋のように、人からの借り物で溢れかえっている。

かてて加えて、稀代の吝嗇家ト来ています。
己の物は決して使おうといたしません。

いくら薪が余っていようト、人から借りて火を焚き。
いくら塩が蓄えてあろうト、人から借りて味をつける。
屋根を葺いた萱も借り物なら、身につけた腰布までが借り物で。
己の物を使っては、先祖に罰が当たるとでも思っている。

まさにケチの女棟梁、ケチの総元締め。
ケチの国からケチを広めに来たような悪い女で。

そんな者に貸す方も悪いと言いたくもなりますが。
概してケチというものは、悪知恵ばかりは惜しまぬものでございます。
口八丁手八丁、手練手管で人の物を掠め取る。
老若男女、この女の毒牙にかかった者は数知れません。

この女は器量は人並み以上でございましたが。
どういうわけか、男嫌いでございまして。
心を許すのも元手が減るト考えたのかもしれません。
年はまだ若いながらも、一人で暮らしを立てておりました。




女はある時、新しい商売を始めようト思い立ちまして。
ともかくも船着場へとやってまいります。

ここは、かつて行基大徳が開いたもので。
諸国から水路を通って物が集まってくる。
これをなんとか活かせないかト考えた。

ト、そこに通りかかったのは、他国からやってきた運脚夫で。
その頃の百姓は、都へ庸布(ようふ)ト呼ばれる布を労役代わりに納めますが。
それを運んでくるのもまた、彼ら百姓自身です。
車を使ってはならない決まりで、肩に荷を担いで通っていく。

女は土埃にまみれた、垢抜けないその男に声をかけまして。

「ちょいと、お前さん。都は初めてだね」

男は訝しそうに女を見る。

「良い儲け話があるよ。ただで帰っちゃもったいない。故郷に錦を飾りなよ」

女は強引に男の袖を掴みまして。
物陰に引きずり込んで説き伏せる。

曰く、ここは諸国の物産が集まるところだから。
お前のその布を元手に商いをすれば、瞬く間に財を増やせる。
お前は不案内だから、私が代わってあげるよ。
その代わり、儲けたら少し利を分けてくれればいい、ト――。

鄙には稀な器量の女でございます。
それが目の前でしきりに秋波を送りながら。
儲け話を懇懇と言って聞かせます。
男は求められるまま、大事な庸布を女に預けた。

女はこれを元手に、諸国の物産を買い入れては売り、買い入れては売る。
そうこうして、たちまち、夢のような財を築き上げましたが。
ここからがこの女の真骨頂で。

純朴な鄙の男を煙に巻き。
庸布を返すことなく、姿を消してしまいました。
大事な献上品を失った男は、事ここに至ってようやく青ざめる。

――チョット、一息つきまして。

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着怪異譚のお知らせを受け取る