::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

丸山遊郭 猫の食いさし

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

肥州長崎は唐船着岸の津にございます。
綾羅錦繍の織物に金銀の糸、薬種にその他もろもろの品。
種々の珍貨が絶えることなく我が朝へ入ってくる。
その玄関口でございまして。

日本六十余州のあきんどが当地へ来たりて商売をする。
その賑わいぶりは、難波を凌ぎ京にも劣らずト称されるほど。

かの地には丸山ト申す遊郭がございますナ。
唐人、紅毛人の気を引こうト、着飾った女郎たちがひしめいている。
いにしえの江口、神崎ナドもかくやト思わせる華やかさで。

もっとも、光が差せば影が従い、陽気が興れば陰気が篭もります。
裏路地へ一歩踏み入るト、表のきらびやかさトハもう別世界。

揚荷抜きの小悪党、行き場を失った年増女郎。
食いはぐれたドラ猫に、汚物にまみれたドブネズミ。
夜ともなれば、魑魅魍魎が跋扈するとかしないとか。

さて、この丸山遊郭の一角に、枡屋ト申す女郎屋がございまして。
ここに左馬の介ト申す一人の遊女がございましたが。

名の勇ましさとは裏腹に、まだ十五になったばかりの小娘です。
ほんの昨日まで、禿(かむろ)――つまり姉さん女郎の侍女だったトいう。
まだ客を取ったこともなく、面立ちも可憐で女童らしさが残っている。
花代は格安の銀五分で、こういう端女郎を俗に「分け」ナドと申します。

好きでこの苦界に身を沈める者はない。
左馬の介ももちろん然りでございます。

今日から客を取らされることが、不安で不安でなりません。
結いたての髪に刺したかんざしが、カチカチと音を立てて揺れている。

雨のそぼ降る夏の夕。
左馬の介が気を鎮めようト。
格子窓から外の通りを眺めておりますト。

スポンサーリンク

傘もささずにフラフラと。
懐手で通りを歩いてくる。
少年の姿が見えました。

年の頃なら、十六、七。
立派な身なりに刀を差している。
鞘に散りばめられた金銀細工。

餅のように白い頬、薄紅がほんのり差している。
濡れ髪が乱れて額にかかる。
その様が絵に描いたように美しい。
紅顔の美少年とはまさにこのことでございます。

山出しの左馬の介は、吸い込まれるように見入ってしまう。
姉さん女郎の客をこれまで数多見てまいりましたが。
これほどまでに美しい優男を、ついぞ見たことがございません。

――どうせこの身を売るのなら、あんな優しそうな人に任せたいものを。

左馬の介は心底そう願う。
ところが、そんな思いが通じるわけもございません。
懐に手をしまったまま、あちらの格子、こちらの格子ト。
きょろきょろト目をやりながら、若衆は歩いて行きますが。

そうだ、ト左馬の介が思いつきましたのは。
こんな時のために習わせられたのではなかったかト。
硯を出し、紙を広げ、思いの丈を綴りますト。
今日からついた己の禿に、初めて用事を言いつけました。

「お清さん。これをあの若衆に」
「アイ――」

お清も女郎屋暮らしが長うございますから。
合点承知とばかりに、文を懐に表へ出る。
するト、ほとんど同時に、若衆がこちらをふと振り向いた。
幼い遊女と幼い武士の視線が図らずも交錯する。

ト、その眼差しを見て、左馬の介はハッとした。
射るように見る若衆の瞳が、紅毛人のように青かったのでございます。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから