::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

生き埋めの山芋が人を喰った話

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
平安の昔の話でございます。

陸奥国の介(すけ。次官)を務める者がございまして。
通称を大夫の介と呼ばれておりましたが。
この者は年を取ってから後妻を娶りました。
十五の娘を連れ子にした、いわく有りげな女でございます。

古今東西、地位ある年寄りに擦り寄る女に、
ろくな者がいたためしはございませんナ。

この者の後妻もまた、ご多分に漏れませんでして。
ハナから目的は金、金、金でございます。
常日頃から気弱そうな家来を物で釣って手懐けている。
そうして、ひたすらに時機を待っているのでございました。

ある時、大夫の介が長らく屋敷を留守にすることになった。
後妻はさっそく、この石麿ト申す家来を呼び寄せまして。

「お前のために前々から良い子がいないものか探していたのだが、とうとう見つけたよ。お前さえ気に入れば、今夜夫婦にさせてやるつもりだが、どうだえ」

ふと見やるト、その陰でもじもじしている女が見える。
後妻の連れ子に乳母がございますが、これはその娘でございます。

石麿はその美しい娘に気づいて、大層驚いた。
後妻の連れ子がこの屋敷の姫君であるならば。
かの娘はつまり、姫君の乳姉妹でございます。

そんな大事な娘を俺に娶せようとは。
俺はよほど奥方から気に入られているのらしい。

この頃はまことに良い時代でございまして。
共寝をしてしまえばそれで夫婦でございます。
石麿は二つ返事でこれに応じる。
奥方が二人を夜の帳の中へ送り込む――。

そうして、その夜も静かに更けていきまして。
石麿は余情にうっとりト身を浸らせている。
するト、娘が不意にいじましそうにこちらを見上げまして。
長い黒髪を身に這わせたまま、物悲しげに申しますには。

「我が姫君のことでございます」
「姫様か。唐突にどうした」
「あれほど哀れな方もございますまい」

ふと気づくト、娘は涙でまなじりを濡らしていた。

「若君様さえいらっしゃらなければ」

意外な一言に、石麿は娘の顔を覗き込む。

「大夫の介様のこの富も、全て姫君様のものになろうものを――」

スポンサーリンク

そう言って、女は己の冷たい手を。
こちらの胸に置いてまいりましたので。
石麿はぞっと恐ろしい気がして、飛び起きた。

「いかがなされました」
「いや、なに。風にあたってくる」

言葉を濁して石麿は床を出る。

大夫の介には男児が一人ございまして。
年は後妻の連れ子より幼く、当年十一でございます。
女も奥方も、若君を殺せと求めているのに違いない。

――道理でおかしいと思ったのだ。
この俺ごときにかような強縁があろうものか。
奥方は俺を気に入っているのでは毛頭ない。
俺に若君を殺させるために手懐けたのだ――。

遅まきながら、その企てにようやく気が付きまして。
恐ろしくなった石麿は、逃げ出すように局を出る。
ト、すぐにドンと人の気配に突き当たった。

「石麿や。承知しましたね」

蛇に睨まれた蛙とはまさにこのことで。
闇の中、差すように眼が光っている。
石麿はわなわなと足がすくんでしまいました。

――そして、翌朝。
陽は無情にもまた昇る。

「石麿ッ」

角髪(みずら)に結った髪を揺らして駆け寄ってくるのは。
他でもない、大夫の介の若君でございます。
遊び相手もないままに、小弓を手にして息を弾ませている。

そのあどけなくも貴い若君の和顔を。
我が手で恐怖に染めるのかト思いますト。
石麿は我ながら情けない思いに打ちひしがれまして。

しばらくその場で立ちすくんでおりましたが。
思いを押し殺すように、ようやく顔を上げますト。
声を振り絞って、若君にこう呼びかけました。

「若様。わたくしと叔父様のところへ遊びに行きましょう」

若君が途端に顔を綻ばせる。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから