::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

蛇女房

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、孤独な木こりの与市の家に見知らぬ女が訪ねてきたところまでで――。

甘い香りに包まれて。
夜は更けていきまして。
いつしか深い眠りに堕ち。
日も高く上がった頃に目を覚ましますト。

竈から煙が上がっている。
手拭いを姉さんかぶりにして。
娘が飯の支度をしておりました。

与市は寝ぼけ眼をこすりまして。
これは夢ではなかろうかト。
昨晩からの出来事を思い出しておりますト。

娘はまるで新妻のように。
椀にせっせト汁をよそっておりますので。
与市はふと不安になりまして。

「夜が明けたら、訳を聞かせてくれると言っただろう」

ト、さり気なく水を向けてはみましたが。

娘は目を伏せ、答えようとしない。
黙って椀を与市に差し出し。
再び目を伏せてしまいました。

与市は仕方なく椀を受け取りまして。
やはり黙って汁をすすりますト。
その音に娘は顔を上げまして。
晴れやかな眼差しでその様を見守っておりました。

そうして、また夜が来る。
夢のように更けて、また朝が来る。

与市は訳を再び問いますが。
娘はやはり答えようとしない。

それから三日も経ちますト。
与市も根負けいたしまして。

「分かった。もう訳は聞かない。その代わり、きちんと夫婦になろう」

娘が頬を紅に染めますト。
あの甘い匂いが肌からぷうんと漂った。

その晩は、二人きりでの祝言で。

何やら謎めいたままの娘との婚礼に。
一方では、まだ不安に思いながらも。
また一方では、「これで良いのだ」ト。
与市もまた、顔をにわかに赤らめました。

それから半年が経った頃。
女房はついに子を孕みました。
瞬く間に十月十日(とつきとおか)の月は満ち。
いよいよお産トいう日になる。

「あなた――」
「――何だい」

女房は何時になくそわそわとして。
夫を呼ぶと、じっとその目を見つめて言いました。

「私はお産は初めてですから、どうしても見苦しい姿を晒さないといけません。だから、ややが無事に生まれるまでは、決して中には入らないでくださいね」
「よし、分かった」

ト、与市は頷きましたが。
なにぶん、狭い家ですので。
元よりひと間しかございません。

それでも女房の頼みだからト。
家の外で腕組み、待っておりましたが。

やがて空はかき曇る。
遠い山の向こうに瞬く稲妻。
ドーンと谷間に轟く雷鳴。

激しく降り出した大雨に。
与市は慌てて軒下に駆け込んだ。
ト、女房しかいないはずの家の中から。
なにやら苦しそうな呻き声が聞こえてくる。

それはまるで嵐の晩に。
風が空を切るような鈍い音で。

与市はびっくりいたしまして。
もしや、女房の身に何か起きたのではないかト。
見るなトいう戒めもすっかり忘れ。
慌てて戸を開け放ちますト――。

「あッ」

ト、与市は声を上げた。

そこには、雪のように真っ白な。
大蛇がとぐろを巻いており。
その懐には、今しも産み落とされたばかりであろう。
血まみれの嬰児が産声を上げていた。

「どうして。どうして、あれほど言ったのに」

大蛇は与市を睨んでいる。
女房はどこにおりますのやら。
声はどこからともなく、家中に響いている。

呆気にとられて立ちすくむ与市をよそに。
大蛇はますます眼をひん剥いている。
眼尻をピクピクッ、ピクピクッと震わせて。
ぐりぐりッ、ぐりぐりッと目玉を動かしている。

ト、突然、卵でも産み落とされるように。
大きく盛り上がったかト思ったのも束の間。
その左の目玉がポロッと板敷きへ落ちました。

「子供が泣いたら、どうぞこの眼を舐めさせてやってくださいまし」

スポンサーリンク

女房の声が響き渡る。

するト、大蛇は突如、凄まじい勢いで。
真っ白なその身をくねらせながら。
与市に向かってきたかト思いますト。

そのまま夫の脇を通り過ぎ。
激しい雨の中へト消えていった。

「お前ッ。どこへ行く――」

与市は雨に濡れるのも厭わずに。
妻の去った跡を追いかけていきますト。
その這っていった跡は森の奥深く。
豊かな水を湛える沼の中へト消えていた。

それから、与市は倅を男手一つで育てまして。
目玉はさすがに舐めさせるのは忍びなく。
桐の箱に収めて大事にしておりましたが。

ある時、貧しい家にも泥棒が入りまして。
大事な目玉が盗まれてしまった。

与市はがっくり肩を落とし。
しばらく悔し涙を流しておりましたが。

やがて、倅の手を引きますト。
二人で森の奥深くへ分け入りまして。
やってまいったのは、かの沼の前でございます。

「坊。おっかあを呼んでみろ」

倅はまだ三つでございますので。
何も分からぬまま、父に言われた通りに、

「おっかあ」

ト、大声で叫びました。

深い森に愛らしい声が。
隅々まで響き渡った。

辺りはやがて再び静まり返る。
墨のように黒い沼を。
倅が首を伸ばして覗き込む。
水の表に浮かんだ幼い顔。

ト、突然、その水面が波打ちまして。
大きな波濤とうねりだし。
その波の中から現れたのは。
片目の白い大蛇でございます。

与市はそのいたわしい姿を仰ぎ見て。

「お前。目玉を盗まれてしまったよ」

嘆くように女房に呼びかけますト。

大蛇は万事を心得たように。
眼尻をピクピクッ、ピクピクッと震わせて。
ぐりぐりッ、ぐりぐりッと目玉を動かしますト。

突然、卵でも産み落とされるように。
大きく盛り上がったかト思うも束の間。
片方しかない大蛇の目玉が。
ポロッと倅の手元に落ちました。

「あなた」

ト、どこからともなく響いた声は。
懐かしい女房のか細い声で。

「私はもう目が見えませんから、これからはどこかで鐘をついて、せめて刻でも知らせてください」

乞うような声でそう言いますト。
大蛇は水の底へと戻っていった。

その後、与市は近くの寺へ鐘を奉納しましたが。

どうしても与市には、ボーンボーンと鳴るその鐘の音が、

「坊、坊」

ト、我が子を呼ぶ母の悲しげな声に聞こえてならなかったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(美濃ノ民話ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから