::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

子殺し幻術

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐の国の話でございます。

唐の咸通年間のこと。
トある城下の、トある巷間に。
幻術使いが一人現れまして。
童子一人の手を引いておりましたが。

どうして、これが幻術使いと知れたかト申しますト。

「さあ、お立ち会い、お立ち会い。これから世にも不思議な幻術をお目にかけましょう。寄ってらっしゃい、見てらっしゃい――」

ト、みずから吹聴して歩いておりますから。
ナルホド、こいつは幻術使いだなト。
巷の人々にも知れたので。

まるで西域人みたような。
栗色の巻き毛に獣皮の帽子。
見るからに胡乱な男でございます。
ただし漢語は何故だか流暢で。

子どもたちは、二人の後をはしゃいでついていく。
大人たちも冷やかしに、後を追っていきますト。

トある広場に差し掛かるや、幻術使いは立ち止まった。
手を引かれてきた童子もまた、立ち止まる。

年の頃なら十歳ばかり。
まだあどけない童子でございます。
これもやはり西域人らしい。
栗色の巻き毛に蒼い瞳で。

そんな二人をたちまち取り囲む。
漢人ばかりの人だかり。

親父が背中をソロリと撫でますト。
倅は操り人形よろしく、ペコリとお辞儀をいたします。

が――。

ナント、非道の親父がスラリと抜いたは斬馬刀。
沈みかけた夕日を受けて、鋭い刃先がキラリと光った。

瞬く間の出来事とて、人々が呆気にとられておりますト。

「エイッ」

ト、一声。

幻術使いは倅の首を斬り落としてしまった。

見物たちは目を見開いて立ち尽くすのみ。

無残に白目を剥いた童子の首。
鮮血が溢れてたちまち池となった。

スポンサーリンク

「お、お前。一体、何をしている」

ようやく一人が、絞り出すようになじりましたが。
幻術使いの方はまるで動じもいたしませんで。

「さあ、お立ち会い。お立ち会い」

ト、声を強めて言いました。
落ち窪んだまなこに、グッと力が籠もっている。

「さあ、今からこの子を生き返らせて見せましょう。ただし、お代を頂きますぞ」

人々はようやく、ナルホドと合点いたしまして。
先を争うように投げ銭をくれてやりますト。

「一、二、三――。起来ッ」

父が気合を掛けて叫ぶや否や。
倅はムクッと起き上がり。
血に濡れた己が首を元へ嵌め。
スタスタ軽やかに駆け出した。

血溜まりは砂漠にこぼれた水のごとく。
いつしか乾いて消えている。

途端にドッと沸き起こったのは。
割れんばかりの歓声で。

翌日も同じ父子二人が。
同じ城下の巷間に現れる。
評判を聞きつけ、駆けつけた見物は昨日の倍。

同じようにお辞儀をし。
同じように首を斬り落とす。
同じように気合を掛け。
見物は同じように起き上がるのを見守った。

ところが――。

童子はいつまで経っても起き上がらない。

見物は固唾を呑んで見守るばかり。

白く剥いた童子の目。
赤い血が生き物のように広がっていく。

見るト、父親は額に汗を滲ませて。
青ざめた顔で見物たちを見回していた。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから