::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

雨夜の悪党 引窓与兵衛

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

武蔵国は中瀬の渡しから伊勢崎へかかる辺り。
横堀村ト申す在がございまして。
ここの名主に与左衛門ト申す年寄りがございました。

金もあり田地も豊かにあるトいう。
いわゆる分限者トいう奴でございますので。

江戸見物などに出掛けるたびに。
芸者を呼んで遊んでおりましたところ。
お早(はや)ト申す芸者ト馴染みになりまして。
江戸芳町に家を持たせ、妾に囲っておりましたが。

老妻は田舎の人らしくお人好しでございます。
ひとりで江戸に寂しく暮らさせることはない。
こちらへ呼び寄せたら良いではございませんかト。
そう申しますので村へ呼び、別宅に囲っておりました。

ところが、世の中そううまい話はございませんナ。

本妻も妾も初めのうちこそ、親しく交わっておりましたが。
名主へのヤッカミからか、それぞれに余計なことを吹き込む者が現れる。

女二人は元より水と油の取り合わせでございますから。
やがて険悪な仲となってしまいました。

与左衛門もこれには困り果てまして。
今さらお早を江戸へ帰すわけにも参りませんから。
誰かお早を女房にもらってくれまいかト。
日夜、思案に思案を重ねておりましたところ。

フト、思い当たったのが与兵衛ト申す遊び人。

引き窓の与兵衛トあだ名するこの男。
元はト言えば、江戸深川の廻り髪結いで。
同じ江戸者同士、気が合うに違いないト。
与左衛門がこの与兵衛に話を持っていきますト。

美人の女房をただでもらえるのみならず。
金品に家まで付けてくれるト申しますから。
そういうことなら願ったり叶ったりト。
ここに無事、相談がまとまりました。

ところが、この与兵衛ト言うのが只者ではございません。

廻り髪結いト申せば聞こえは良いが。
呼ばれなければ廻りもしない。
時には呼ばれても行かない始末。
髪結いなんぞは博打の合間の余興程度に考えている。

江戸を離れ、かような在に住まっておりますのも。
そもそもが江戸に住まっておられなくなったからで。

引き窓の与兵衛ト呼ばれておりますのも。
金に困るト、引き窓――つまり、台所の上の天窓ですナ。
そこから忍び入って、盗みを働くトいう悪癖からで。

初めからお早を良い金づるくらいに思っている。
さっそく、好きな博打に金を使い込む。
博打で蔵を建てた人など聞いたことが無い。
大抵は取られるものト決まっておりますので。

半年も経たぬうちに新所帯は没落する。
荷車で運び入れた着物の山ナド見る影もない。
亭主は継ぎを当てた半纏を着て。
女房は簪ならぬ木の枝を髪に挿している。

そんなある日の暮れ方のことでございます。
折から降り出した雨が、次第に大降りになりました。

「おーい。お早、いるか」
「はい」

ト、戸を開けますト、立っていたのは名主の与左衛門。

「おや、旦那」
「ちょうど通りかかったところへ降ってきた。ひどい雨だな。傘を貸してくれな」
「まあ。せっかくですから、おあがりになって」

スポンサーリンク

お早がそう言って引き留めますから、与左衛門は家に上がりました。

「しかし、この家も酷い有様になっちまったな。箪笥はどこへやったよ」
「こないだ持って行かれてしまいましたよ」
「それじゃあ、着物はどこにしまっている」
「そんなもの、あの人がとうに売ってしまったじゃありませんか」

ト、二人が話しておりますところへ。
間も悪く戻ってきたのは亭主の与兵衛。
見るト、玄関口には男物の草履。
中を覗くト、昔の旦那と妾が膝を突き合わせている。

与兵衛は裏口へ回ってしばらく立ち聞きしておりましたが。
ただでさえうだつの上がらぬ暮らしできまりが悪いその上に。
元の仲を知っているだけに、心中穏やかではございません。
ガラリと、出し抜けに戸を開けて中へ入った。

「ああ、与兵衛か。今帰ったくらい言って入ってきたらどうだ」
「あっしがあっしの家に帰ったんだ。何を気兼ねすることがありますかい。それとも、何かい。家も女房もまだあんたのものだって言うんですかい」

お早も与左衛門も、その一言に呆れている。
それを見て、与兵衛はなお一層のこと癪に障る。
囲炉裏にくべた粗朶をとっさに手に取るや振り上げた。

はずみで自在に掛けた薬缶が外れる。
ひっくり返って湯が溢れる。
灰神楽が上がる。
女房が悲鳴を上げる。

勢いで行灯まで倒れて、辺りは真の闇となった。

「与兵衛。おめえ、江戸っ子らしくもねえぞ。馬鹿な焼き餅なぞ焼くもんでねえ」
「誰が馬鹿だと。この色狸め」

ポカポカポカと、やたらめったら殴りつける音。

「こら、与兵衛。やめないか」

ト、初めこそ与左衛門も抗ってはおりましたが。

次第にその声が聞こえなくなった。

「おい、お早」

息を弾ませて与兵衛が呼ぶ。

「な、なんですよ」

お早の声は震えている。

「火を着けてくんな」
「着きませんよ。お湯をかぶっちまったんですから」
「いいから早く着けろッ」

脅されてお早が震える手つきで火打ち石を打つ。

カチッ、カチッ、カチッ――。
カチッ、カチッ、カチッ――。

しばらく経って、闇に炎が現れた時。
ぼんやりト浮かび上がってまいりましたのは。
両のまなこをひん剥いた、与左衛門の死骸でございました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから