::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

九十九の指と一つの首 指鬘外道

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
天竺の話でございます。

舎衛国(しゃえいこく)に、さる高名な婆羅門(バラモン)がおりました。

婆羅門ト申すは、かの国古来の祭祀者でございまして。
かの国では人は生まれながらに四つの階層に分かれておりますが。
その最上位が、この婆羅門と呼ばれる者たちでございます。
王侯貴族でさえ、その下位に甘んじているトいう。

もっとも、釈尊は婆羅門ナドどこ吹く風でございましたので。
仏家ではこれを外道(げどう)ト称します。

この高名な婆羅門は、三経に通じ五典を究めた人物で。
国の政事から種々様々な学問に至るまで。
この者に学ぶ者は実に五百人を数えておりました。

さて、この婆羅門には寵愛する優れた弟子がおりまして。
一名を鴦掘摩(おうくつま)ト申しましたが。

かの国の言葉では「アングリマーラ」ト発します。
何だか、ボンヤリと間の抜けたような名前でございますが。

その意味するところは「指鬘(しまん)」トいう。
つまり、「指の首飾り」でございますナ。

どうしてこんな物騒な名前をつけられたのか。
その由来を今からお話しようかと存じます。

鴦掘摩は好男子でございました。

容姿は女のように麗しく。
肉体は男らしく壮健で。

智慧も有り、弁も立ち。
雅やかで優美であり。

その上、行いは聖人のように立派であるという。
実にケチのつけどころのない若者でございましたので。

師がこれに特別目をかけているのも無理はない。
ところが、師ばかりで済むはずもございません。

これほどの好男子を女たちが放っておく訳がない。
その最たるものはト申しますト。

これがナント、師の妻だったのでございます。

師の妻は名を欽敬(きんけい)ト申しまして。
年若い美貌の婦人でございます。
年の離れた夫に嫌気が差しておりましたものか。
堅物の夫に倦んでいたのかは存じませんが。

ある日の朝でございます。

婆羅門の夫は家を出る。
夫人は優しい笑みで送り出しますト。
いそいそト身繕いを始めました。

かの国は南国でございます。
ただでさえ肌は顕わになりがちで。
布一枚巻いたばかりの身なりでございますが。

夫人は若く豊満な肢体を誇示するように。
透き通るように美しい紗を身に這わせます。

スポンサーリンク

「奥様。いかがなされました――」

物憂い表情で突然に。
ひとり現れた夫人のその真意を。
鴦掘摩は測りかねつつも、もしやト察し。

目を伏せ。
眉を顰め。
視線は足元を泳ぎ回る。

「鴦掘摩――」
「は、はい」

青年の声は上ずっている。

「夫は出掛けました」
「はい。私もまもなく――」

ト言って、慌てて脇を通り抜けようとした鴦掘摩を。

「待ちなさい」

ト、身動き一つせず立ち止まらせましたのは。

突き刺すようなその一言ト。
待ち伏せていた女の鋭い視線で。

「どうして、あなたはいつも――」

鴦掘摩は思わず目を閉じる。

「――いつも私の目から逃げるのです」

そう言って鴦掘摩の逞しい腕を掴みますト。
その大きな手のひらを、紗越しに自らの乳房へ押し当てさせた。

鴦掘摩はゾッとした。

「いけません。あなたは師の妻です。母も同じです」
「いいではないですか。同い年の母などあるものですか」

吐息が耳にふりかかる。
額にじっとり汗が滲む。
押さえつけられた手のひらが。
小刻みに震えておりますが。

その手のひらにも汗が滲むのは。
紗越しに包んだ乳房の熱か。
さてまた、己の脂汗か。

「は、放してください――」

鴦掘摩は女の手を振り払いますト。
一目散にその場を立ち去りました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから