::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

九十九の指と一つの首 指鬘外道

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、美男の修行僧鴦掘摩を、師の妻が誘惑したところまでで――。

やがて師が帰宅する。
夫妻の寝室に入るや、アッと声を上げた。

室内は物盗りにでも遭ったように荒れ果てている。
妻は寝台に倒れ込んで泣いている。
その衣服は切り裂かれ、長い髪が乱れている。

「どうした。何があった」

夫が慌てて駆け寄りますト。
妻はさめざめと泣きながら。

「鴦掘摩が――。鴦掘摩が――」

ト、後の言葉が続きません。

「どうした。鴦掘摩が、何だと言うのだ」

夫人はようやく重い頭をもたげますト。

「あなたが留守にしたのを幸いに、鴦掘摩が、鴦掘摩が――。私を手篭めにしようと――」
「なに、鴦掘摩が――」

妻の意外な告発に、夫は気が動転いたしました。

長年可愛がってきた愛弟子でございます。
その鴦掘摩が己の妻に乱暴を働こうとは。

妻と弟子とを一度に失ったような気持ちになり。
師は悲しみに打ちひしがれてしまいましたが。

それが女の謀略であろうとは露知らず。
悲しみは間もなく憎しみに変わる。

「――奴めを魔道へ落とさねばならぬ」

溢れる怒りを必死に抑えつけ。
師は鴦掘摩のもとを訪れますト。

息を大きくひとつ吐き。
神妙な面持ちで弟子に呼びかけた。

「鴦掘摩よ」

鴦掘摩は、あんなことのあった後でございますから。
師の顔をまともに仰ぎ見ることが出来ません。

「そなたの修行は完成しつつある。もはや教えることは何一つない」

鴦掘摩はこころを見透かされたような気持ちになり。

「我が師よ。私はまだ修行が必要な身でございます。現に今も心は千々に乱れ――」
「分かっておる」

ト、師が言葉を遮った。

「そなたに試練を一つ与える。これが最後の修行となろう」

師が弟子の目をじっと見つめた。
鴦掘摩は思わず目をつぶる。

「今すぐここを出て行け。夜が明けたらこの先の四ツ辻へ向かえ。そして、これで人を斬れ」
「ひ、人を――」

師から押し付けられた剣を抱えたまま。
鴦掘摩はしばし、その場で立ちすくんだ。

「良いか。一人斬っては指を一本切り落とせ。糸を通して首環にするのだ。陽が中天に至るまでに、百の指でその環を満たすが良い」
「な、なんと恐ろしい」

鴦掘摩の声は震えている。

「恐ろしかろう。しかし、考えてみよ。そなたの心には修羅が宿っている。そなたは己の心を乗り越えねばならぬ。修羅の心を超越してこそ、宇宙の真理、かの梵天と同一となれるのだ」

行け、ト一喝されまして。
追い立てられるように師の前を辞した。

――どういうことだろう、修羅の心とは。私は夫人の誘惑にも、懸命に平静を守り続けたつもりだが。

鴦掘摩は涙を零した。
しずくが頬を伝って唇を濡らす。

その時、青年の心にふと啓示が降りてきた。

――そうか。平静を守らねばならぬようでは、修羅の心を抑えつけているにすぎないのだ。私はあの時、ややもすれば、誘惑のままに夫人の操を犯していたかも知れぬのだ。

スポンサーリンク

鴦掘摩はそう解釈した。

――修羅の心を解放することこそ、俗事を超越する唯一の手段と仰るのか。

しかし、そのように理解しても尚。
弱い心はいかんともしがたく揺らぎます。

「私が人を殺そうとは。人を、人を――。ああ、母上――」

鴦掘摩の心は右へ左へ揺れ動く。
徐々に揺れ幅は大きくなる。
ついに闇の梵鐘を心が捉え。
ボーンと強く打ち鳴らした。

黎明。

青年は剣をぐっと握る。
目をつぶり、疾駆する身が風を切る。
虎狼の如く、躍り上がる。

悲鳴が上がる。
子どもの声だ。
目を開ける。
血しぶきが眼の前を舞っている。

息を弾ませ、しゃがみこむ。
幼い骸から小さな指を切り落とした。

老人、若い女、屈強な若者、婆羅門、遊女、行商人――。

ありとあらゆる人間を平等に。
鴦掘摩は斬って斬って斬りまくった。
大小様々の指が、精悍な首の周りに満ちていく。
そして、陽が中天近くに至った頃――。

「あとひとつ。あとひとつだ――」

灼熱の太陽が照りつける。
青年の目は朦朧としている。
視界には斬り捨ててきた者たちの顔が。
陽炎となってゆらゆらと亡霊のように蠢いている。

「来い、来い。誰か――」

ト、念じておりますト。
フラフラとそこへ現れた最後の生贄。
鴦掘摩はしかし、我が目を疑った。

「は、母上――」

蜃気楼のように現れたのは。
紛うことなき己が母。

「おお、我が息子や。お前は一体どうしてしまったんだい」

母の涙を目に留めて。
冷血に染まりかけていた心が。
再び大きく揺らぎました。

しかし、鴦掘摩はすぐにかぶりを振った。

「いけない。これは幻だ。私を試しているのだ。そうだ、あれは陽炎だ。私は、今こそ、解放、される――」

口を真一文字に結ぶ。
目をきっとつぶる。
剣を振り上げる。
虚空を、斬る。

ト、まばゆい光が大波のように。
鴦掘摩の瞼を押し開けた。

眼前には、静かに合掌する修行者。
尊い姿に無量の後光が差している。
母の姿はどこにもない。

「しゅ、修行者よ、止まれ」

困惑し、恐れ慄いて、鴦掘摩は修行者に叫んだ。

「私はずっと止まっている。動いているのはお前の心、ただ一つだ」

尊い修行者は静かに答えた。

その瞬間に鴦掘摩は。
己の修羅から解き放たれまして。
首環を外し、剣を捨て。
膝から崩れ落ちました。

鴦掘摩はその場で出家して、仏の高弟となったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(仏典「仏説鴦掘摩経」ヨリ。「アングリマーラ」ハ俗名。実名ハ「アヒンサー」ナリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから