::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

鬼女の乳を吸う

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
都が奈良にあったころの話でございます。

陽は山の端に傾き入り。
群青の闇が押し寄せる中。
墨を引いたように続く一本道を。
ぽつぽつ歩く人影がひとつ。

これは名を寂林(じゃくりん)ト申す旅の僧。
まだ三十路にも手の届かぬ若い聖でございます。

十六年前に故郷を出て以来。
諸国行脚の修行の最中で。

僧にもかつて愛しい母がおりましたが。
その母が不慮の死を遂げましたのを機に。
母への、土地への、根深い執着を断たんがため。
一念発起、国を捨てたのでございます。

さて、ここは大和国は斑鳩の。
寂林法師のその生まれ故郷。
長年の修行は心を堅固にし。
もはや、母へも国へも何ら想いはございません。

里外れの一本道に。
風がひゅうひゅう吹きすさぶ。
草木がさらさらトなびきます。

ト、その時、行く手の藪の中に。
怪しき人影が見えました。

前かがみに両手を膝へ突き。
ムチムチと肉付きの良い若い女が。
衣をはだけて立っている。

餅のような白い肌を顕わにして。
頭をもたげ、こちらをじっと見つめます。

さては、悪魔が誘惑しようというものかト。
寂林法師は、打ち捨てて通り過ぎようトいたしますが。

「もし、もうし」

すれ違いざまに、女が呼びかけました。

「と、尊いお方。ひ、聖様――」

哀れを催す声の調子に、僧も思わず立ち止まる。

スポンサーリンク

見れば、よく整ったその顔を。
苦痛に激しく歪ませまして。
呻くような声を絞り出し。
鬼気迫る表情ですがってくる。

「ち、乳が張る、乳が張る」
「――な、何と」

唐突な訴えに、女の胸へと目が引きつけられた。

「ち、乳を吸っておくんなさい」

女も戯れで求めるのではない、その証拠には。
はだけた胸から垂れた両の乳が。
傍目にも分かるほど、痛々しくも腫れ上がっている。

女はさも苦しそうに、息も絶え絶えに。

「す、吸っておくんなさい。ち、乳を。乳が、は、張る――」

ト、懇願する。

「病でも得たか」
「いいえ。そうではございませぬ」
「では、どうして左様に乳が張る」
「こ、これには訳がございます」

女は苦しげながらも恥じ入った。

「よい。申してみよ」
「は、はい」

ト、答えた女は息を大きく一つ吐き。

「わ、私はこの世の者ではございませぬ。それが死してなお、あの世へ渡ることも許されず、こ、こうしてこの世で責め苦に悶えているのでございます」

そう言って、救いを乞うように僧を見た。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから