::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

鬼女の乳を吸う

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、旅の僧が乳の腫れ上がった女に呼び止められて、身の上話を聞かされるところまでで――。

女が幽鬼であると知って、僧もいたく驚きまして。

「あの世へ渡ることも許されぬとは。生前に左程の罪を犯したか」

ト、眉をひそめて鬼女に問うた。

「は、はい。邪淫の罪でございます。いや、そればかりではございませぬ」
「と申すと」
「私は欲深い女でございました。器量が良いことを鼻にかけ、言い寄る男なら、だ、誰彼なく体を許したのでございます」
「なるほど。それが邪淫の罪であるな」

僧は意外に思って、溜め息を吐いた。

ト申しますのも、この程度――。
ト、申しては罰当たりでございましょうが。
生きている限り、誰もが犯しかねない罪でございます。
それでここまでの責め苦は罰が重い。

「はい。ところが、そ、そればかりではございませぬ。情欲に溺れるあまり、己の子供らに乳を与える暇さえ、お、惜しみました」

そう言うト、女は再びウッと呻き声を漏らした。
腫れた乳がまたぞろ疼くようでございます。

「して、子供らは」
「みな乳に飢え、し、死にこそせねど、貧相に、や、痩せてゆきました。中でもとりわけ――」
「とりわけ――」
「哀れであったのは、末の、な、成人(なりひと)と申す男の子で」
「な、成人――」

寂林法師は言葉を失った。

目の前で苦しむ女の顔が突然に。
己の脳裏に飛び込んでくる。

過ぎ去りし記憶の波を縫うようにして。
幼い日々に見た母の面影に。
目の前の鬼女の顔が重なった。

――は、母上にてましますか。

法師は思わず心の中で声を上げた。

何を隠そう、この寂林こそが。
鬼女の末の男子、成人その人でございます。

幼時に噂に聞いた母の死に様は。
仏罰ト申すのが相応しい死にっぷりで。

その頃、母はまだ若い盛り。
土地でも評判の美女であったトいう。
己より若い男を引き込んで。
野中でまぐわっていた、その時に。

にわかに空はかき曇る。
男も女も構いはしない。
遠くの空には轟く雷鳴。
雨雲は瀧のように雨を降らす。

それでもやめることをせず。
ついに雷に身を打たれ。
男もろとも死んだトいう。

まだ乳飲み子だった成人は。
ただでさえ、飢えていた母の乳を。
その後は一滴も口にすることが出来ず。

長じても指しゃぶりをやめられなかったのも。
これが為であろうト、兄らも姉らもみな言っていたが。

その母は今、生前の若い姿そのままで。
地獄の責め苦に苛まれつつ。
この世をまだ彷徨っているトいう。

スポンサーリンク

「痛い、痛い――」

鬼女の乳は大きく腫れ上がり。
熟れすぎた白瓜のように垂れ。
その先からは草汁のごとき緑色の。
膿がダラダラと流れている。

鬼女は一層、顔をしかめ。

「痛い、痛い――」

ト、苦しそうに呻いており。

そうして、藁にもすがる思いでか。
徐々に般若の相トなる。

「ち、乳を吸え。乳を――」

ト、迫ってくる。

僧は静かに目を閉じた。

「女よ」
「な、何だ」
「吸うのは訳ないぞ」

鬼女は勢いを得て迫りくる。

「す、吸え――」
「吸うのは訳はない。だが、私が吸ったとて――」
「は、早く吸え――」
「――その膿が尽きることはあるだろうか」

女はその一言にハッと息を呑んだ。
悔悟の色がたちまち顔いっぱいに広がった。

「ううっ。我が子に飲ませてやれば、この乳もいつかは尽きたろうものを」

そう言って、両手で顔を覆うや咽び泣いた。

するト、その途端――。

滴っていた膿はピタと止まる。
腫れていた乳はみるみる萎んでいく。
合わせて容色も衰えていき。
鬼女は瞬く間に老婆となった。

ついには骨肉が粉のように砕け、その場に崩れ落ちて灰となったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(「日本霊異記」下巻第十六『女人濫りがわしく嫁ぎて子を乳に飢えしめしが故に現報を得し縁』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから