::お知らせ::  [ 画師略伝 ] 「月岡芳年 ―血みどろ絵師は「生」を見つめた―」を追加しました

幽女を見る目

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
唐土(もろこし)の話でございます。

越の紹興に沈某という若者がございまして。
この者の住処は東岳廟の参詣の途次にございました。

東岳廟トハ何ぞやト申しますト。
これは泰山府君を祀るもので。
では泰山府君トハ何ぞやト申しますト。
これは寿命を司る神でございます。

それ故、泰山府君は非常に篤い信仰を集めている。
参道は人出も多く賑やかでございます。
沈は参詣客たちに自宅で酒食を振る舞っておりました。
我が朝で申さば、さしづめ伊勢の御師みたいなものでしょうナ。

さて、三月二十八日は泰山府君の誕辰。
つまり生誕日でございます。

参道はひときわ賑やかとなりまして。
沈家の門内も押すな押すなの大盛況。
沈も客たちの世話に馳せまわっておりましたが。

その喧騒という泥中に。
咲く蓮の花のごとき女の姿。

高貴な身なりの若い女人が。
外から門内を覗く姿がちらりト見えた。

その身は人形のように小柄ながら。
高く結い上げたみどりの黒髪。
雪のように白い肌。
柳のように細い腰つき。

髪には桃の花が挿してありました。

美女は人の多いのを嫌ってか。
一瞥するなり立ち去ってしまった。

思わず後を追おうとしたちょうどそのとき。
入れ替わりにやってきたのは三人の旅人。

そのうちのひとりは襤褸をまとった小汚い老人で。
門の外へ出ていこうとする沈を引き留め、申しますには。

「そなた、目がお悪いか」
「いえ、別に。なんともありませんが」
「それでは早晩患うに違いない。相が出ている」

そう申しますト、ひょうたんから薬を一粒取り出しまして。

「困ったときにはこれを使いなさい」

ト、沈に渡しました。

スポンサーリンク

困惑する沈を尻目に、出された茶をすすりますト。

「薬はいずれ効き目が切れる。中秋の日の昼間にまた来るから、きっとここで待っておれ。さもないと、その後二度と会うことはまかりならん」

ト、申して去っていきました。

沈はとりあえず、薬を仏壇の引き出しの奥にしまっておきましたが。

そんな出来事のあったのを。
忘れかけていた夏六月。

沈の両眼がにわかに痛みだした。
真っ赤に血走り、腫れ上がり。
どんな眼薬も効きはせず。
寝食もままなりません。

沈は老人の薬を思い出しまして。
白湯に混ぜて、これを眼にさしますト。
冬の吹雪のごとき冷気が眼中を通り抜ける。
たちまち腫れは退き、痛みもすっかり治まりました。

さて、この街を郊外へ去ること十五里のところに。
跨湖ト呼ばれる石橋がございましたが。
ここはかつて戦乱があった際に。
多数の死者を出した悲劇の場所でございます。

あるとき、沈は用足しに。
驢馬に乗って出かけていきまして。
この石橋へさしかかりますト。

橋の下からえのき茸のように。
にょきにょきト伸びてくる無数の手。

橋の上には落ち武者が。
髪を振り乱し、血を流している。

首のない死体が、斬られた首を探して。
あてもなくさまよう姿もございます。

修羅の巷かと見紛う光景に。
沈は驢馬からほとんど落ちかけながら。
慌てて家へ逃げ帰りましたが。

見慣れたはずの野も川も。
見渡す限りに亡鬼の群れ。

さては、老人がくれた眼薬は。
幽鬼を見る目を得る薬だったかト。
うかつにさしたことを心底悔やみましたが。

気づいたときには後の祭りで。
毎日を怯えて暮らしておりました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから