::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

長いものは窓より入る

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

三代家光公の御世のこと。

豊前国小倉藩は細川殿の領国でございましたが。
その隷下に高橋甚太夫ト申す弓足軽の大将がおりました。

この者は曲がりなりにも大将トハいいながら。
武士の風上にも置けぬ小人物で。
いま、足軽トハいえ大将の職責にありますのも。
実は同僚の手柄を盗んで奏上したためであるという。

ところが、この者がそれでもなんとかやっておりますのは。
一にも二にも、この者には惜しいほどのよくできた妻があったためで。

妻は名を千鶴ト申しまして。
近在の百姓の娘でございましたが。

容姿は地味ながら美しく。
人となりはしとやかで慎み深く。
まさにその名が示す通り。
掃き溜めに鶴といった趣で。

さて、この頃は諸国大名の国替えが頻繁に行われておりましたが。
細川殿もかの肥後国熊本藩へ転封と相成りました。

夫婦は初めて生まれ故郷を離れましたが。
亭主は異国暮らしに浮かれたものか。
城下の風呂屋に入り浸りまして。
小枡ト申す湯女に骨抜きにされてしまいました。

そうなるト、邪魔になるのは女房の千鶴。
薄々感づいていようものを、一言も不平を申しません。

己の身に後ろ暗さがあるだけに。
その貞淑さがかえって重荷になる。

ある日、おそるおそる千鶴を呼び出しまして。
唐突ながら離縁を申し付けますト。
千鶴はさっと表情を変えつつも。
三つ指突いて、「ハイ」と承服いたしました。

「ひとつお願いがございます」
「な、なんじゃ。申してみよ」
「せめて小倉へ送り返してくださいませ」
「なんじゃ、そんなことか」

さすがの甚太夫も殊勝な願いに感じ入りましたが。
それがかえって不安に思われますのは。
イヤ、待てよ。何か裏があるのではないかトいうことで。

目の前ではおとなしくしたがっておきながら。
国元で親戚連中に己の非道を訴えるつもりではあるまいか。

スポンサーリンク

端正な居住まいで正座をし。
伏し目がちに話をじっと聞いている。
その健気に見える姿も腹の中は。
黒く染まっているのではないかと気が気でない。

「よし、分かった。わしが直々に送ってやる」

そうして夫婦は旅の支度を整えまして。
肥後熊本を後にいたしましたが。

豊前へ向かうその道中に。
オロチ峠ト申す難所がある。

これは身の丈三間(5.5m)ばかりもあるという。
大蛇が棲み着くト恐れられた峠でございまして。
人でも馬でも平気でまるごと呑み込んでしまう。
千鶴が同道を願ったのも無理はない恐ろしさでございます。

時は正月三十日。
西国といえども山中は。
凍てつくような寒さと風。

甚太夫と千鶴の二人連れは。
ハアハアと白い息を吐きながら。
山道を登ってまいりましたが。

「ややッ。千鶴」
「どうなさいました」
「下がれ。オロチじゃ」
「なんと――」

千鶴は思わず甚太夫の腕にすがりつく。
どこに大蛇がいるのやらまだ見えません。
非情の亭主はその細腕をさり気なく振りほどきながら。

「お前はその大きな樹の幹にしがみついておれ。恐ろしい大蛇じゃ。藪の中におる。見入られぬように、向こうを向いておれよ」
「ハイ」

千鶴が急いで幹にしがみつき。
向こうを向いたのを確かめますト。

取り出しましたのは長い細縄。
グルッグルッグルッと二重三重(ふたえみえ)。
たちまち千鶴の華奢な体を。
大木に括りつけますト。

「あ、あなたッ。何をなさいますッ」
「やかましいわいッ。生かしておけばあだになる。オロチに呑まれるなり、凍え死ぬなり、どうにでもなれ」

ト、無情の宣告を言い渡しまして。
逃げるようにもと来た道を駆け下りていった。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから