::お知らせ::  [ 画師略伝 ] 「月岡芳年 ―血みどろ絵師は「生」を見つめた―」を追加しました

鰍沢(かじかざわ)

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話いたしましたか。
そうそう、吹雪の中、あばら家に宿を求めた旅人が、昔なじみの花魁と再会したところまでで――。

「おい、お熊。帰ったぞ」

野太い男の声で、旅人は目を覚ます。
いつの間にか、奥の部屋に敷かれた布団の中で。
ぐっすり眠っていたようでございます。

「お熊、どこへ行った」

どうやら、亭主が帰ってきたらしい。
女はどこかへ出掛けたようでございます。
誤解をされてはかなわないト。
旅人は起き上がって挨拶に出ようといたしますが。

「お熊のやつめ、どこへ行きやがった。――ムムッ。なんだ、これは。燗鍋が掛かってる。おや、玉子酒じゃねえか。ちくしょう、亭主が山越えをして稼いでいる間に、女房は昼間ッから酒を食らってやがる。ン、まだ残ってるな。どれ、飲んでやれ」

ゴクゴクゴクと喉を鳴らす音。
プハァと息を吐くのと同時に。
ガタガタガタっと表の戸が開いた。

「おや。おまえさん、帰ってるのかい」

風の音とともに聞こえてきたのは。
月の兎花魁のか細い声。

「お、お熊。か、体が、し、痺れる――」
「ど、どうしたんだよ。そんなにのたうち回って」
「さ、酒――」
「お前さん。まさか、その酒を――」

ドタドタドタっと慌てて囲炉裏端へ駆け上がる音。

「お、お前。おれを、こ、殺す気か――」
「馬鹿だね。お前さんの酒なら、こうして買い直してきたんじゃないか。身延山へお参りに来た旅人が、わたしの吉原での馴染みだったんだ。それが三両包んでくれたんだがね、どうやら切り餅(二十五両分の包み)を二俵ばかり隠し持っているようなんだ。その酒にはね、お前さんがこしらえた痺れ薬が入っているんだよ」

亭主はウンウンと唸りながらのたうち回る。
旅人は隣の間で息を殺して身悶えする。
痺れ薬が体に回り、身動きがまるでできません。
芋虫のようにくねくねト、身をよじらせているばかり。

(ちくしょう。たった一晩契っただけの女の色香に迷ったばかりに――)

旅人は懸命に身をくねらせて。
少しでも障子から離れようとする。

瞼の裏に浮かぶのは。
あの二の酉の晩の花魁の姿。
夜空の彼方、月に住む兎のように。
遠い憧れのごとく思っていたが。

いまや、その艶姿には。
長い手足が生えており。
粘つく糸で網を張り。
男を捕らえて食らうトいう。

愛らしかった月の兎が。
もはや女郎蜘蛛のように思えてなりません。

旅人は懸命に身をくねらせて。
少しでも障子から離れようとした。

ト、力を振り絞った甲斐あってか。
体がドンと雨戸に突き当たる。
その拍子に戸が外へ向かって外れまして。
そのまま体は庭の雪の上に落ちた。

外はすでに蒼い夜。
月が皓々と照っている。
吹雪はやんでおりました。

右手がうまい塩梅に懐へ入り込んでいる。
旅人はとっさに思いつきまして。
懐から小室山の毒消しの護符を取り出しますト。
それを口に含んで、雪と一緒に呑み込んだ。

「野郎。気づきやがった」

女の毒々しい声が響く。
旅人はすがる思いでお題目を唱える。

スポンサーリンク

「南妙法蓮華経、南妙法蓮華経」

毒消しが効いてきましたものか。
徐々に体が自由に動きだした。

旅人は雪の中をほうほうの体で逃げていく。
振り返るト、かのあばら家から。
女が飛び出してきたのが見える。

か細い腕に黒い鉄の筒。
火縄銃を提げておりますのが。
白い月明かりによく見えた。

雪に足を取られながら。
這うようにして逃げていく。
女のかんじきが雪を踏む。
慣れた足音がこちらへ迫ってくる。

「ヤッ――」

やっとの思いでたどり着いたのは。
富士川の急流を下に覗き見る。
断崖絶壁の、その縁で。

後ろに火縄銃。
前は断崖。
下を覗けば激流で。

見ればたくさんの材木が、筏のように繋げて浮かべてある。

ズドン――。

女の放った鉄砲が、男の耳をかすめていった。

足音がすぐそこまで迫ってくる。
荒い息遣いまでが聞こえてくる。

「ちくしょう。静かに暮らしていたものを――」

恨むような女の声。

ままよ。
旅人は意を決し。
筏めがけて我が身を投げた。

ぐるんト、宙で反転し。
背中から急流へ落ちていく。

崖の上――。

夜空に浮かぶ大きな月。
銃を構えた白い兎。

しかしその顔は、死に損なった女の悲哀と悔悟に満ちていたという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(三遊亭圓朝作ノ落語「鰍沢雪の夜噺」ヨリ。原話ハ「小室山の護符、玉子酒、熊の膏薬」ヲ題トスル三題噺ナリ。本来ノ「サゲ」ハ「お材木(お題目)で助かった」)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから