::お知らせ::  [ 画師略伝 ] 「月岡芳年 ―血みどろ絵師は「生」を見つめた―」を追加しました

画皮 美女の化けの皮

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
清国の話でございます。

太原に王某ト申す士大夫がおりまして。
朝の散歩に出ておりましたが。

まだ霧深い森の中。
その靄へ吸い込まれてゆくが如く。
女がひとり歩いているのが見えました。

小さな体に大きな包みを抱えている。
まるで旅でもしているかのような格好で。

王は不審に思い、後を追う。

「もし、お嬢さん」

ト、声を掛けましたが。

女は振り返りもしない。
黙って歩いていくばかり。

王はますます不審に思い。
歩みを早めて追いつきますト。
並んで歩きながら、女を見た。

見れば、顔つきはまだ幼げで。
年の頃は十六、七でございましょう。
みずみずしい若さの中に。
凛とした美しさがございます。

「こんな朝早くにひとりでどこへ行くのです」

娘は伏し目がちな憂い顔を。
さらに深く沈ませまして。

「所詮は互いに行きずりの仲。憂愁を分かちあえるものではございません」

ト、顔立ちに似合わぬことを申します。

王は返す言葉もない。
白い靄に向かって娘が去ってゆく。
小さな後ろ姿を見送っておりましたが。

それから王は自邸に戻りまして。
別棟の書斎へ入ろうとする。
するト、庭先に何やら人影がある。
朝靄の中で見た例の娘でございます。

スポンサーリンク

もじもじトしているところを見ますト。
どうやら後をついてきたらしい。

「なにか事情があるのでしょう。言ってごらんなさい」
「行く宛がなく困っているのです」
「どうして」
「親に売られた婚家から、初夜に逃げ出してまいりました」

ト、恥じらいながら打ち明ける。
伏した目と長い濡れまつ毛。

「親元へ帰ればよいでしょう」
「金で娘を売った親です。それに、私の脚ではすぐに追手に捕らわれて――」

ト、言って、堪えきれずに泣き出した。

「分かった。しばらく、この書院で匿おう」

王は戸惑いながらも、娘を招き入れますト。
書院の一室を娘にあてがってやりました。

「ここに私が午睡に使う寝台がある。疲れたらここでお休みなさい。午後に発つならそれもよし。不安なら明日の朝までいてもいい」

言いおいて部屋を出ようとする。
ト、娘の冷たい手が王の手首を捉えました。

「どうか、明日までと言わず、末永く――」

涙を湛えたつぶらな瞳が。
こちらをじっと見上げたまま。
ふるふるト震えておりまして。

王が思わずほだされた刹那。
か弱い手が男を己が身へと引き寄せた。

フッと息が吹きかかる。

あれよあれよト申す間に。
若い膚の虜になった。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから