::お知らせ:: 最新怪異譚 我が背子、夢を覗かれよかし を追加しました

 

我が背子、夢を覗かれよかし

この怪異譚をみんなに紹介する

こんな話がございます。

播州は室津、室の泊まりト申しますト。
古くヨリ栄えた湊町でございまして。
また、我が朝の遊女の始まりの地トモ申します。

平安の昔、木曾義仲の愛妾、山吹御前が。
義仲亡き後、この室津の町へ流れ着くや。
友君ト名乗り、評判の「うかれめ」トなったトいう。

これが室津の遊女の起こりでございまして。
以来、この地第一の遊女を「室君」トカ申します。

さて、時代は下り、戦国の世。
周防の大名、大内義隆のその家中に。
浜田与兵衛ト申す剛の者がございましたが。

ある時、この室津の町に立ち寄りますト。
少し変わった女ト巡りあった。

名を但馬(たじま)ト申しまして。
年の頃は十六、七。
滑り落ちそうな撫で肩に。
触れれば折れそうな柳腰。

実に頼りのない女でございますが。

顔貌(かおかたち)はいと麗しく。
琴を奏でれば妙なる調べ。
舞えば天女のたおやかさ。
歌を詠めば小町もかくやの才覚で。

それもそのはず。
これが当代の室君でございます。

無骨者はたちまち虜になった。

ところが唯一つ気に入らない処がある。

「但馬。お前、どうして笑わぬ」

咎められても、ニコリともしない。
精を抜かれた生き人形のごとく。
水晶の瞳でただじっと見る。

「実はあの娘は孤児(みなしご)でございまして」




土地の者が浜田に耳打ちをした。

「いくさで親兄弟を皆殺しにされましてな。しかも当人の目の前ででございます。ただ一人生き残ったあれが、売られ売られてこの町に流れ着いたのでございますよ」
「なんと――。左様であったか」

弓矢取る身の心には。
哀れな身の上がいたく響いた。

以来、浜田は夜ごと但馬のもとを訪れる。
二晩、三晩と枕を重ねるうちに。
但馬も徐々に心を開いた。

「決して私をひとりにしてはいけませんよ」
「分かっておる」

破顔一笑。
冷たい但馬の幼な顔に。
初めて笑みが差しました。

ここに浜田は但馬を娶り。
新妻を本国へ連れ帰る。

ところが、それからまもなくいたしまして。
主君の義隆が京の将軍のお召により上洛する。
正三位の侍従、太宰の大弐トいう栄誉の任官でございます。
浜田もお供をして京に上った。

それからはや幾月日。
住み慣れぬ異国の地にただひとり。
但馬は今宵も夫の帰りを待ちわびている。

――思ひやる 都の空の 月影を 幾重の雲か 立ち隔つらむ

見上げた夜空は漆黒の闇。
愛しき我が背子が今この時に。
見ているであろう月でさえ。
雲に隠れてしまっている。

「ああ、あなた――。せめて夢にでも現れてくだされば良いものを」

恨みかこちて孤閨に伏す。

――チョット、一息つきまして。

この怪異譚をみんなに紹介する

新着怪異譚のお知らせを受け取る