2016年08月一覧

鬼の手

夜の森の中。木の上に並んで立ち、鹿猟をする兄弟。二人の間には、長年隠し続けてきた秘密があった。そして、振り返るとそこに――。今昔物語集より。

崖から突き落とした男

官吏の息子として生まれながらも、盗賊に身を落とした少年。山中で出くわしたのは、自身が進むべきだった道を進む同輩だった。それから二十年の月日が経ち――。唐代の伝奇小説より。

犬と女房とその娘

二親に死なれて孤独になった長七は、寂しさを紛らわすために雌犬を飼う。その後、仲間のすすめで女房をもらうことになるが――。人と変わらぬ畜生の情念。

近江の女のいきすだま

東国へ下ろうと夜道を歩いていた男は、見知らぬ女にさる屋敷へ案内するよう乞われるが――。肉体を離れた情念の純化した恐ろしさ。「今昔物語集」中の一篇より。

井戸の底に棲む女妖

洛陽に遊学に来た青年の寓居にある古い井戸。よく人が落ちて死ぬという噂に、青年が身を乗り出して井戸の底を覗き込むと――。唐代の伝奇小説より。

お岩出生譚 重助殺し

武家屋敷の下男となった伝蔵は、金貸しの重助の死骸を背負って捨てに行くよう命じられるが――。後に「東海道四谷怪談」に発展する、於岩稲荷の由来より。

大歳の火

姑から火種を消さぬよう言いつけられた嫁は、気掛かりのあまり、夜通し見守ろうとするが――。不安で押しつぶされそうな状況下で、女が見た幻影とは。雪夜の不思議な幽霊譚。

丑の刻参り 宇佐八幡の鉄輪女

宇佐八幡宮近くの墓地に、妖魔が夜な夜な現れるという。噂を信じない武辺の者が、真偽を確かめに行くと――。妖怪変化よりも恐ろしいものとは何だったのか。「諸国百物語」中の一篇より。