古典芸能一覧

能、文楽、歌舞伎などの古典演劇や、落語、講談などの話芸に描かれた怪異譚

鰍沢(かじかざわ)

身延参りの旅人が、雪野原の一軒家で出会った女。月の兎の酌で飲む玉子酒には、はたしてなにが入っていたか。「お材木で助かりました」。三遊亭圓朝による三題噺より。

藁人形

願人坊主の西念は、人気女郎のお熊から父と慕われていたが――。血まみれ、傷だらけの濡れ鼠。異様な匂いを放ちながら、鍋の中でグツグツ煮えたぎっていたものとは。

雨夜の悪党 引窓与兵衛

江戸から逃げてきた小悪党、引窓与兵衛。殺しの罪を他人に着せ、無実の者から金をゆする。手を取り合って逃げる妻の目に写ったものとは――。三遊亭圓朝改作による古典落語より。

怪談乳房榎(一)落合の蛍狩り

絵師菱川重信の下男正介は、悪人磯貝浪江に脅されて主人を落合へ蛍狩りに誘い出し――。幽霊の遺した落款。墨絵の雌龍雄龍がやぶにらみする。近代日本語の祖、三遊亭圓朝による四大怪談噺の一。

波の白雪 名刀捨丸の由来

木曽山中。道に迷った治三郎が宿を求めた家は、名代の山賊捨丸の隠れ家だった。波の白雪が闇に光る。血に赤く染まる古伝の名刀。振りかざした不実の正義に、美女はどう応えるか。

吉田御殿 千姫乱行

大坂落城の猛火の中を救われた千姫。恩人を袖にし美男を見初めた報いが、若き御後室を情欲と嗜虐の鬼女に変えた。吉田通れば二階から招く――。「番町皿屋敷」の前日譚。

蓮華往生

初代尾上菊五郎の子、丑之助。暴漢に襲われた父から聞いた最後の一言が、彼の人生を狂わせる。蓮華の花中に秘められた真実とは――。実際の事件を組み合わせ脚色した江戸の罪業譚。

班女と梅若丸 隅田川

隅田川の渡し船に乗り込んだ都の狂女。対岸で行われている念仏会の由来を渡し守が語りだすと――。親子の情も春の夢のごとく散ってゆく。世阿弥の子、元雅作の名作能より。

傾城阿波の鳴門 巡礼歌

主家の宝刀を探し求めて、大坂に潜伏する十郎兵衛夫妻。ある日、隠れ家にやって来た幼い女巡礼は、国に置いてきた我が娘の成長した姿だった――。近松半二作の名作人形浄瑠璃より。