民話・昔話の怖い話一覧

こんな晩

実直者として評判だった船頭嘉吉。夜遅くに一人乗った座頭の懐に、妙な手触りを感じたのが運の尽きだった。夏目漱石「夢十夜」、落語「もう半分」などの原拠として知られる恐怖民話。

江ノ島 稚児ヶ淵の由来

四周を断崖に囲まれた江ノ島。鎌倉建長寺の僧自休は容姿美麗な稚児白菊を見初める。高僧が堕ちた愛執地獄。悶え苦しんだ先に待っていた悲劇とは。歌舞伎「桜姫東文章」「青砥稿花紅彩画(弁天小僧)」などの原拠として知られる相州の伝説より。

神隠し 嬰児と黒髪

山中で遭遇した女は、かつて己が想った娘だった――。背中におぶった赤子の来歴。そして、女の来し方に秘められた悲話とは。二十年ぶりの再会に、男と女は何を思うのか。柳田國男「遠野物語」中の数篇より翻案。

歌い骸骨

友を騙して金を奪った七兵衛。何食わぬ顔で友を探す旅に出るが、待っていたのはカラカラと笑う髑髏だった。グリム童話やドイツの民話など、世界的にも類話の多い枯骨報仇譚。

手っ切りあねさま

継母に憎まれ、手首を斬り落とされた娘サト。あてどない旅の果てに出会ったのは、許嫁の男だった。ところが、二人の束の間の幸福に、継母がまたもや割って入り――。すれ違いと誤解が生む悲劇。

死に埋め婆の声がする

死してもなお、ともに寄り添い合おうと、死骸を壁に埋めてくれと頼んだ婆。爺も喜んで埋めてやり、毎晩、呼びかけられるのを楽しみにしていたが――。情愛の行き着く果ては、狂気かそれとも怨念か。

猫又屋敷

忽然と姿を消した飼い猫。筑紫の山中で暮らしていると教える旅僧。ひとり探しに訪ねていく女。現れたのは一軒の大きな屋敷だった。女がそこで見たものとは――。各地に伝わる化け猫伝説の一。