::お知らせ:: 画師略伝 葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず― を追加しました
 

ご挨拶

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

お初に――イヤ、お久しぶりに――お目にかかりましたナ。

砂村隠亡丸でございます。

お目にかかるだと。どこにいやがる。
声はするが、姿はどこにも見えやしねえ。

ト、お思いになったことでございましょう。

下でございますよ。
その下を流れる水のオモテでございます。

おのれの力ではどうにもなりませんからナ。
ただプカプカと浮いております。
ふとお姿が見えたものですからご挨拶申し上げました。

そも、わたくしはどこから参ったのか。

最初の記憶は神田川でございましたよ。
わたくしはそこで戸板に括りつけられまして。
ざぶんと無慈悲に放り込まれたようでございます。

酷い奴があったものでございます。
思えばそれでも呑気なものでございました。
過ぎゆく景色をぼんやりと眺めておりましたっけ。

それがいつの間にか隅田川に流れ着き。
あれよあれよと大海へ。
流されていくじゃありませんか。




一体どうなることやらと案じておりますト。
上げ潮と申すのでございましょう。
波に押し戻され、遡上してまいりました。
まるで鮭のようでございますナ。

やがて東に真っすぐ伸びる水路が見えてきます。
小名木川と申す、これは神君家康公が作らせた川。
下総・陸奥からの荷を江戸へ運ぶのでございます。

刻は丑三つ。
草木も眠るという時分。
場所は砂村。
すぐそこはもう下総の国という江戸の外れ。

あれからどこをどう流れたのか。
隠亡(おんぼう)――すなわち死人を焼いて骨にする――
その近くの堀だから隠亡堀。
ここであなた様をお見かけしました。

もし、釣り人。太公望。
これも何かのご縁でしょう。
イヤ、事実あなたとは縁がある。

哀れなわたくしを釣り揚げてくだされ。
徒然にチョットお話を聞かせて進ぜましょう。

わたくしばかりではございませぬ。
戸板の裏にはあなたの縁者。
水に浸って隠れていたが。

知らぬと言っては困ります。
女が一人括りつけられている。
これまた、あなたに沈められたという――。

(「管理者情報」も参照のこと)

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着怪異譚のお知らせを受け取る