土蜘蛛

病に伏した源頼光の前に現れた美しい侍女、胡蝶。入れ替わるように現れた謎の法師。彼らの正体、そして関係とは――。

飛騨の猿神

滝壺の下に広がる異界に迷い込んだ修行僧は、めくるめく饗応の末に愛欲の虜となってしまう。若き破戒僧を異形の神が待ち受けていた理由とは――。

三娘子の驢馬

旅店の女主人に誘われるように、投宿した旅人が目にした光景とは――。泉鏡花「高野聖」の原拠となったと言われる、唐代の伝奇小説。

漆固めの妻

臨終を迎えた妻が放った衝撃の一言。願いを叶えた夫の律儀さに、亡妻は妖魔となって添い続けます。もう二度と離れられない恐怖の定め――。

ご挨拶

刻は丑三つ。草木も眠るという時分。場所は砂村。すぐそこはもう下総の国という江戸の外れ――。古典怪異譚サイト「砂村隠亡丸の余苦在話-よくあるはなし-」。話者隠亡丸より伊右衛門殿へのご挨拶。