異界一覧

異界との交流を扱った話

業平と芥川の人喰い倉

恋多き貴公子、在原業平。入内するはずの女を盗んで逃げた先は、人の住まない荒れ果てた倉だった。稲光の中に現れるもの。長い黒髪と女の顔に待ち受けていた運命とは――。伊勢物語や今昔物語集に描かれた、平安の夜の怪異譚より。

子殺し幻術

ある日、漢人の街に現れた西域人の父子。父は息子の首を斬り落とすが、それは鮮やかな幻術だった。ところが、それが思いもよらぬ事態を招き――。青い瞳と赤い鮮血。最後に倒れたのは誰だったか。南唐「中朝故事」中の一篇より。

妻の首をすげ替える

酒の席での戯れで背負って帰った判官像。ある晩、突然現れた判官に恐れおののきながら許しを請うが――。血まみれの臓物と美しい首。中国怪異の名作古典「聊斎志異」中の一篇より。

月蝕む夜に鞭打つ女

月蝕の晩に出会った女には、意外過ぎる裏の顔があった。世界最古の描写と目される、平安のサディズム&マゾヒズム。芥川龍之介「偸盗」の原拠となった「今昔物語集」中の一遍より。

崖の上の狐とお歯黒婆

山中で見かけた狐に悪ふざけを仕掛けた宗介。勝ち誇ったつもりで山を降り、帰りに再び通りかかると――。パチパチと燃える囲炉裏の火。徐々に漆黒に染まっていく、老婆のやけに丈夫な白い歯。八戸の民話より。

三尺の翁が顔を撫でる

かつての冷泉院跡に残った池の畔。気持ちよく昼寝をしていた男の顔の上に不気味な気配。身の丈三尺の老人が冷たく濡れた手で――。怪しい翁の正体とは。今昔物語集中の一篇より。

土偶の博徒

百越の故地、肇慶。番卒が城中を夜回りしていると、燈火に群がる男たちの歓声が――。リリリリリとコオロギの声。ごろりと床に転がる首。乱れ交う大金の意外な出処とは。「夷堅志」中の一篇より。

死神

金の算段がつかず、女房にも愛想を尽かされた男。目の前に現れたのは、ひとりの老人だった――。近代日本語の祖、三遊亭圓朝が、移入されたばかりの西洋文物を翻案して創出した日本の死神。

神隠し 嬰児と黒髪

山中で遭遇した女は、かつて己が想った娘だった――。背中におぶった赤子の来歴。そして、女の来し方に秘められた悲話とは。二十年ぶりの再会に、男と女は何を思うのか。柳田國男「遠野物語」中の数篇より翻案。