祟り一覧

妲己のお百(三)おきよの亡霊

雪の中を裸同然で追い出された桑名屋の妻おきよ。一子を産み落として死んだ女は、桑名屋にぺんぺん草を生やすべく亡霊となって迷い出る。ところが、お百は物怖じもせず――。毒婦が毒婦たる所以。

むくむくと腫れ物に触るよう

僧が一夜の宿を借りた百姓家。夜中に「むくむく」と呻く声の謎。そのわけを、主人に尋ねてみると――。右から左から、怨みと妬みの声が呼びかける。「諸国百物語」中の一遍より。

呪い人形 針千本

ふとした病から煩いついた武家の奥方。実家から婚家へ付き添ってきた乳母。枕の裏にあったのは、げに恐ろしき呪いの人形だった。しかし、事はそれで終わらない――。井原西鶴「懐硯」の一遍より。

犬と女房とその娘

二親に死なれて孤独になった長七は、寂しさを紛らわすために雌犬を飼う。その後、仲間のすすめで女房をもらうことになるが――。人と変わらぬ畜生の情念。

近江の女のいきすだま

東国へ下ろうと夜道を歩いていた男は、見知らぬ女にさる屋敷へ案内するよう乞われるが――。肉体を離れた情念の純化した恐ろしさ。「今昔物語集」中の一篇より。

鉄鼠頼豪

勅命で皇子誕生の祈祷を行った高僧頼豪。約束を反故にされた阿闍梨は、復讐のために断食に入り――。「平家物語」「源平盛衰記」「太平記」などに描かれた実在の僧侶の怨霊伝説。

死骸に乗る男

捨てられ、怨みを抱いて死んだ妻。祟りを恐れて陰陽師を頼った夫は、冷たく突き放されて――。小泉八雲が世界に紹介した、恐怖の仏教説話より。