怨み一覧

怨恨、怨霊にまつわる怪異譚

杏生と二人のお貞

若き医師長尾杏生と新潟湊の芸妓お貞。すれ違う二人は、二十年の歳月を経てふたたび幻想のうちに巡り合うが――。小泉八雲が典拠とした「夜窓鬼談」中の一編より。

長いものは窓より入る

甲斐性なしの夫を支えた糟糠の妻。無情に打ち捨てられた女は、新たな幸せを掴んでいたかに思われたが――。長いものがうねりながら迫ってくる。じっと見つめる無表情の裏に秘められた情念とは。

藁人形

願人坊主の西念は、人気女郎のお熊から父と慕われていたが――。血まみれ、傷だらけの濡れ鼠。異様な匂いを放ちながら、鍋の中でグツグツ煮えたぎっていたものとは。

白い乳房に憑いたもの

若く美しい尼僧が語った発心譚には、女の業と情念がしがらんでいた。尼僧の白い乳房に今も憑いているものとは――。怪異に満ちた江戸の随筆集、根岸鎮衛「耳嚢」中の一篇より。

怪談乳房榎(一)落合の蛍狩り

絵師菱川重信の下男正介は、悪人磯貝浪江に脅されて主人を落合へ蛍狩りに誘い出し――。幽霊の遺した落款。墨絵の雌龍雄龍がやぶにらみする。近代日本語の祖、三遊亭圓朝による四大怪談噺の一。

波の白雪 名刀捨丸の由来

木曽山中。道に迷った治三郎が宿を求めた家は、名代の山賊捨丸の隠れ家だった。波の白雪が闇に光る。血に赤く染まる古伝の名刀。振りかざした不実の正義に、美女はどう応えるか。

母は蛭子を淵に捨てよ

借財をしても決して返そうとしなかった女。十年後、女は童子ながら足腰のまだ立たぬ我が子を抱えて路頭に迷っていた。それを見た高僧が放った一言とは――。「日本霊異記」中の一篇より。

崖の上の狐とお歯黒婆

山中で見かけた狐に悪ふざけを仕掛けた宗介。勝ち誇ったつもりで山を降り、帰りに再び通りかかると――。パチパチと燃える囲炉裏の火。徐々に漆黒に染まっていく、老婆のやけに丈夫な白い歯。八戸の民話より。

こんな晩

実直者として評判だった船頭嘉吉。夜遅くに一人乗った座頭の懐に、妙な手触りを感じたのが運の尽きだった。夏目漱石「夢十夜」、落語「もう半分」などの原拠として知られる恐怖民話。