残虐一覧

妻の首をすげ替える

酒の席での戯れで背負って帰った判官像。ある晩、突然現れた判官に恐れおののきながら許しを請うが――。血まみれの臓物と美しい首。中国怪異の名作古典「聊斎志異」中の一篇より。

吉田御殿 千姫乱行

大坂落城の猛火の中を救われた千姫。恩人を袖にし美男を見初めた報いが、若き御後室を情欲と嗜虐の鬼女に変えた。吉田通れば二階から招く――。「番町皿屋敷」の前日譚。

蓮華往生

初代尾上菊五郎の子、丑之助。暴漢に襲われた父から聞いた最後の一言が、彼の人生を狂わせる。蓮華の花中に秘められた真実とは――。実際の事件を組み合わせ脚色した江戸の罪業譚。

剣樹刀山 炎熱地獄

金だけ巻き上げられて騙された破戒僧は、やがて復讐の鬼となる。だが、その先に待っていたのは、阿鼻叫喚の地獄絵図だった――。木も、草も、笹の露さえも、この世の全てが責め立ててくる。片仮名本「因果物語」中の一篇より。

魔物の棲む家

二人の孝行息子を持つ穏やかな父。ある日人が変わったように荒れ狂ったのは、妖物がなりすましていたせいと知るが――。どちらが本物か偽物か。兄弟が出した答えは如何に。

水を飲んだ女

真夏の昼下がりに現れた幼く愛らしい寡婦。その人柄に惹き込まれた王夫婦は、少女を息子の嫁にもらうことにするが――。夢枕に悲痛の訴え。寝間から聞こえる怪しい音。「酉陽雑俎」中の一遍より。

修羅道 佐倉惣五郎

下総佐倉の名主、木内惣五郎。領主堀田正信の苛斂誅求に、民になり代わって立ち上がるが。義憤の行く先に待っていた悲劇。歌舞伎「東山桜荘子」の原拠として知られる実在の人物伝より。

橋の上の女童鬼

渡った者は生きては帰られないという、近江国の安義橋。見栄を張ったがために、肝試しに行かされた男が出会ったのは、一人のいとけない女童だったが――。今昔物語集中の一遍より。

美女狩り、妖怪斬り

正義を奉ずるあまりに暴虐に走る地方官吏の男。罪人にはみずから拷問をし、女には辱めを与える。ある時、妖怪が出るという宿に泊まることになり、退治してやると意気込むが――。清代の伝奇小説「子不語」中の一遍より。