::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

口なき子

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

四谷のとある横丁に、升屋と申す染物屋。
店の主人は五十絡みで。
篤実な人物ではございましたが。

何の因果が祟ったのやら。
長年連れ添った女房に先立たれまして。
そればかりではございません。
続け様に倅二人にも先立たれてしまいました。

ただ一人残ったのは、俗に言う恥かきっ子。
名を志太郎。

しかも、この五つの幼な子は、生まれつき物を言えないという不自由者。
男手一つで育てはしましたが、やがて無理がたたって体を壊しまして。
商売にも支障をきたすようになり、主人は我と我が子の行く末を、日々案じて暮らしております。

当時、店に出入りしていたのが、金造お由という貧しい若夫婦。
主人が心を固めて、二人に申し入れますことには――。

「どうだい、お前たち。夫婦揃って養子になる気はないか。この店の身代も継がせてやろう。その代わりと言っては何だがナ。哀れと思って、この志太郎を育ててくれる気はなかろうか――」

もとより忠義一途の若夫婦でございます。

お世話になった旦那様と、親子の契りを結ばせていただけるとは。
これはもう、まことにもったいないお言葉にございます。
きっと身代を盛り返してみせましょう。
旦那様の形見ともなろう志太郎を、我が子と思って立派に育て、いつか跡を継がせましょう。

スポンサーリンク

ト、二人して額を畳にこすりつける。

色よい返事にほっと気が緩んだのか、それからまもなくして升屋の主人は、ぽっくりとこの世を去りました。

ところが悪いことは続くもので。
店を継いだ金造お由の若夫婦は、旦那様の御恩に報いようと真面目一徹に働きまして。
身代もだいぶ盛り返しましたが。

口の利けない志太郎を、我が子以上に可愛がりまして。
慎ましやかながらも、三人で幸せに暮らしておりましたが。

働き詰めが仇となったか。
それから一年が過ぎた頃。
妻のお由が病に倒れ、これまた虚しくなりました。

この死をきっかけに恐ろしい秘密が、遺された者たちの知るところとなるという。
巡る因果の物語。

――チョット、一息つきまして。