::お知らせ:: 画師略伝 葛飾北斎 ―画狂老人は一処に安住せず― を追加しました
 

口なき子

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

どこまでお話しましたか。
そうそう染物屋を継いだ夫婦の妻のほうが、先代の主人に続いて亡くなったところまでで――。

これまたお定まりではございますが、この金造もまた周囲のすすめに押し切られまして。
結局、お由の死から幾年も立たぬうちに、後妻を迎えることとなりました。

初夜の床。
金造は新妻のお島を座らせて、これまでのいきさつを語って聞かせます。

我が子志太郎は、御恩ある旦那様から預かった我々夫婦の大事な宝。
口の利けない不自由な身であるゆえ、より一層いたわしく思ってやってくれ。

「ハイ」と応じた声の凛々しさに、金造も胸をなでおろしまして。
めでたく二人は夫婦となりました。

誓いの言葉に違うことなく、お島は志太郎の耳となり口となり。
実の子以上にいたわって育てます。
志太郎にはこれが三人目の母。

それからしばらく経ったある晩。
金造が用達しで出掛けたために、お島は志太郎と床を並べ、二人ですやすや寝ておりました。

ト、夜更けに――。
何やら人の気配がする。
薄目を開け、隣の床を見ると。
志太郎は穏やかな表情で寝息を立てている。
はっと気づいて身を起こし、枕元の屏風を見上げる。
ト、そこに人影が立っている。

その姿にお島は思わず。




「あッ」

と声を上げました。

長い黒髪は乱れて絡み合い、ところどころ引きぬかれたように禿げている。
白帷子は血に染まり、顔は腫れて痣だらけ。
殊に右目の窪み方は尋常でない。
カナヅチか何かで殴りつけられたよう。

恐ろしさにただ震えておりますト。
女は志太郎を憐れむような眼差しで覗き込んでいる。
しばらくして、そのままスッと姿を消しました。

お島にはそれが誰だか分かっている。
きっと先妻が自分を妬んで出たのに違いない。

しかし、あのおぞましい姿に秘められたわけを、この時はまだ知る由もございません。

――チョット、一息つきまして。

この怪異譚をみんなに紹介する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着怪異譚のお知らせを受け取る