逆さ吊りの女

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

ある家の妻が所用のため、数日の間、一人で里帰りをしましたが。
これはその用を終えてまた婚家へ戻る途中の話でございます。
名をおせいと申しまして、年は二十五でございました。

実家と婚家の間は女の足で半日掛かるほど離れておりまして。
普段は夫や弟が送ってくれるのですが、この日に限ってみな忙しい。
薄暗い竹藪を一人で通る頃には、もう日が暮れかかっておりました。

ト、そんな女を待っていたかのように、脇から突然現れた男がある。
これが本当の藪から棒で、おせいは思わず悲鳴を上げた。

長い髪に髭も剃らず、袖なしの薄汚い着物を着た、見るからに山賊体の大男です。
男はおせいの細腕をむんずと掴むと、無理矢理に引っ張っていこうとする。
大声で助けを呼びますが、静まり返った竹藪に虚しく響くばかりです。
じたばたと抵抗していると、男が振り返って諭すように言った。

「何も取って食おうと言うわけではねえ。ただ、俺の嫁になってくれればいい」
「待って。私には夫があります。それに家には子どもが二人待っていますから。どうか離してッ」

ト、おせいはあくまで抵抗する。
それを見て山賊は呆れた顔をする。

「だって、お前。考えてみろ。家に帰れば、毎日仕事に追われるわ、飯だって麦飯に菜漬けを掻き込むのがせいぜいだろう。俺のところに来れば、そんな苦労はさせないぞ。家で遊んで暮らせるし、うまいものも毎日食わせてやる。どう考えたって、その方がいいではねえか」

ト、どこまでも勝手な理屈を押し付けてくる。

おせいはついに大声で泣き叫びましたが、男は気にもいたしません。
ひょいと肩に担いで藪の中へのしのしと入っていった。

しばらく行きますト、徐々に辺りが開けてまいりまして。
野原の中に一軒家が建っているのが見えました。
大きな家で、作りも立派でございます。
ちょっと見ると、名主か代官の屋敷のようにしか見えません。

男は部屋の中でおせいを下ろすト、まじまじと顔を見ながらこう言った。

「今日からお前はこの家の女房だ。苦労はさせない。外に出さえしなければ、うまいものも毎日食わせる。騙されたと思って、ひと月暮らしてみろ。そしたら、きっと分かる。それでも嫌なら帰してやるから、そう泣くな」

スポンサーリンク

おせいはそれでも泣いておりましたが、そうしているうちに食事が運ばれてまいりました。
見るト、確かに男が言ったとおりのご馳走で。
実家も婚家も百姓ですから、こんな贅沢な食事は見たことがない。

それでも夫や子供のことを考えますト、とても食べる気にはなれません。
しばらくは膳に手を付けることもなく、ただただ泣き暮らしておりました。

ところが、人間とは現金なものでございます。
ただ情のためだけに生きているものではございません。

飯を食わなければ、腹が減るのは当然で。
腹が減ると、飯を食いたくなるのもまた道理。
三日ほどはなんとか意地を張っておりましたが、ついに耐えられなくなって一口箸をつけてみた。

すると、その飯のうまいこと、うまいこと。
腹が減っていたことももちろんあるにはありますが。
海の幸、山の幸がふんだんに取り揃えられている。
今まで食べたことのないものばかりです。

おせいは決して夫や子供のことを忘れたわけではございませんが。
ひと月すれば帰してくれるのだからト、考えまして。
その後はすこしずつ食事を口にするようになり。
結局、ひと月経っても、自分から帰りたいとは申しませんでした。

おせいは毎日うまいものを食って、部屋の中でごろごろしている。
男が絵草紙などをあてがってくれましたから、特に退屈もいたしません。
何より、男が夫婦の交わりを求めないので、おせいにとっては気楽な日々で。

それでも、絵草紙を全て読み終えてしまうト、やることがない。
外へ出ることは男に固く禁じられております。
徐々にここでの暮らしが退屈になってきた。

近頃では、男もすっかり安心しきっている。
おせいは、男が昼寝した隙を狙って、こっそり外へ出てみました。

広い庭を歩いて行くと、大きな蔵がありました。
近づくと、中から人の話し声がしてきます。
ピチャンピチャンと、雨漏りのような音も響いている。
おせいは好奇心から中を覗いてみた。

ト、そこに広がっていた光景を目にして、腰を抜かさんばかりに驚いた。
同時に、これまで怠惰に耽ってきた己を心から恥じました。

蔵の中では、たくさんの女たちが、天井から逆さ吊りにされている。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから