鍛冶屋の婆

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

昔、ある旅の商人が、隠岐国の山を越している途中で日が暮れてしまいました。
それでも山の頂上まで上っていきますト、大きな松の木がございました。
身の丈より高いところに、大きな股がある。
商人はよじ登って、そこに横たわり眠ることにいたしました。

夜更け。
商人がぐっすり眠っておりますト。
何やら木の下の方から物音がする。
商人は目を覚まして驚いた。

ナント、山猫がざっと数十匹、木の周りを取り囲んでいる。
鋭く夜目を光らせて、こちらを狙い、うなっている。
いつ飛びかかってくるのではないかと、商人は気が気でない。

とは言え、こう取り囲まれては出来ることなどございません。
ただ、立ち去ってくれるのを待ちながら、そのうなり声に耳を傾けている。
ト、そのうちに商人はとんでもないことに気がついた。

山猫たちはただうなっているのではない。
口々に人語をつぶやいているのでございます。

「こりゃあいい。宴の肴にはもってこいの上物だ。どうにかして食ってやりたいが」

ト、大猫どもの頭領みたいなのが、舌なめずりしてこちらを見ている。

「こうしよう。俺が登っていって木から落とすから、お前たちはここで待ち構えていろ。落ちてきたら一斉に噛みつけ」

そう言ったかと思うト、大猫は大きなバチを木に立てかけまして。
それをはしご代わりにして、ザクッザクッと爪を立てながら登ってきた。

こうなるともう、商人も覚悟を決めるより他にない。
九寸五分の道中差を静かに抜いて待ち構える。
が、登ってくる相手は陰になって見えません。

ザクッ――、ザクッ――。
ザクッ――、ザクッ――。

不気味な爪音が少しずつこちらへ近づいてくる。

来るぞ。
あと少し。
あと少し。

ギャアァ――ッ。

スポンサーリンク

ト、突然顔を現しまして。
凄まじい剣幕で飛びかかってきた瞬間。
商人は構えていた短刀を、大猫の土手っ腹へズブっと突き刺した。
山猫は血しぶきを上げながら、木の股にぐったりと倒れこみました。

「今夜の獲物は只者ではねえ。俺の手には負えねえ代物だ。あとは頼んだ――」

つぶやく大猫を商人は地べたへ蹴落としまして。
こうなったらやれるだけやるしかございません。

残された化け猫たちは、それを見て憤激する。
俺が俺がト、先を争うようにして木を登ってきます。
商人は猛り狂った山猫たちを、ばったばったト斬り倒していった。

そのうちに、山猫たちの方でも無鉄砲に襲いかかるのをやめまして。
木の下に集まり、猫の額を寄せて相談を始める。

「どうすりゃあいい」
「ともかく仇を討たずばなるめえ」
「しかし、俺らのかなうような相手ではねえぞ」
「俺らが死ぬのは構わねえ。しかし残された妻や子どもはどうなる」
「よし、こうなったら、鍛冶屋の婆を呼んでくるよりあるめえ」

やっと相談がまとまったようで、大勢の猫たちは山を下りて行きました。
商人はこの隙に逃げなければなるまいト。
着衣を整え、身の回りの品をまとめて、木から下りようといたします。
その時――。

「エッサ、ホイサ、エッサ、ホイサ――」

駕籠かきの声が向こうから近づいてきた。

見るト、二匹の山猫が駕籠を担ぎ、その周りを他の山猫たちが取り巻いてやってくる。
駕籠は木の根元に下ろされました。

「鍛冶屋の婆どの。こちらでござんす」
「あの人間めを退治てやっておくんなまし」

駕籠の戸を開け、鷹揚に下りてきたのは、老婆ならぬ大きな白猫。
袖なしの着物を着て、白手ぬぐいを肩に掛けている。
大きな目をぎょろぎょろさせて、こちらを見ますト。

「ぬしら、あの程度の人間を捕まえられぬようでは、猫の沽券に関わるのが分からぬのか。まっこと頼りないやくざ者ばかりよの。まあ、ええわ。わしが行って落としてきてやるから、ここで待っておれ」
「婆どの、お頼み申します」

婆猫は白手ぬぐいを若い衆らしき一匹の猫に渡しますト。
まず松の木の根本で爪をじっくりと研ぎまして。
準備が整うと、商人には目もくれずに、ゆっくりと木を登り始めました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから