::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

座敷牢と狂女 お夏清十郎

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

播州姫路の城下に但馬屋ト申す大店がございました。
主人は九右衛門ト申しまして、妹が一人ございます。
名をお夏ト申しましたが、これが大層評判の美人でございました。

当時、京の島原に、揚羽蝶の紋入りの着物を着た評判の遊女がございましたが。
お夏の評判はそれをも凌いでいたと申しますから、美人の程が伺えます。
鄙には稀というどころではなく、遠く京でも噂になるほどでございました。

さて、この但馬屋に清十郎ト申す手代がおりました。
真面目で律儀一徹の男ではございましたが。
これがまた稀代の色男でございまして。
店中の女奉公人が、こぞって熱を上げている。

実は、この清十郎、元を正せば室津の造り酒屋の若旦那でございます。
美男なのをいいことに、早くから放蕩三昧を尽くしまして。
親から勘当された挙句、遊女と心中騒ぎを起こしましたが。
自分一人が助けられ、相手の女を死なせてしまったトいう過去がある。

それ以来、清十郎は心を入れ替えまして。
人のつてでこの但馬屋の手代となりましたが。
今では女から言い寄られることを疎ましく思っている。
イヤ、贅沢な御仁があったもので。

ある時、清十郎は放蕩時代の帯を取り出しまして。
幅をもう少し細く仕立てなおして欲しいト。
女中のおかめに、何の気なく頼みました。

おかめがさっそく帯をほどいてみますト。
中から文が出てくること、出てくること。
いけないと思いつつ、読んでみますト。
すべてがすべて、別々の遊女からの熱烈な恋文でございました。

これは当時、もらいすぎて読みきれなかったものを、帯芯代わりに使っていたもので。
本人もすっかり忘れていたほど、気にもかけていないものでございましたが。
女中というのは毎日が退屈ですから、とにかく下世話でございます。
下働き同士で回し読みをしているうちに、それがお夏の目にも入った。

お夏は大店の箱入り娘です。
あまつさえ、数々の縁談を断ってきた身でもある。
数多い手代の一人一人を気にかけることもなければ。
新参の清十郎のことは、存在も知らずにおりました。

ところが、そこがかえって落とし穴でございまして。
恋を知らない女ほど、ふとした拍子に夢中になる。

花鳥、うきふね、小太夫、明石――ありとあらゆる遊女の名がそこにある。
中身を読んでみても、みな女の方で一方的に恋焦がれているのがよく分かります。
傾城に誠なしとは申しますが、勤めのあざとさよりも、誠の方が滲み出ている。

スポンサーリンク

これほど恋い慕われる男が、己の奉公人の中にいたとはト。
初めはそのことにまず驚きまして。
山のような艶書を次々と読んでいきますうちに。
うぶなお夏も妙な気分になりました。

一体、その清十郎という者は誰であろう。
トいう気がかりから始まりまして。
いつしか、その気がかりが恋心に変じておりました。

驚いたのは、清十郎の方でございます。
こちらもまた、箱入り娘のお嬢様は、話に聞いたばかりで目にしたことがない。
そのお嬢様から、ある日突然、恋文が届いた。
書き慣れていない初々しさが、いかにも大店のお嬢様らしくもございます。

とはいえ、今は女絶ちをしている身でもあり。
また、お嬢様と手代では身分がやはり違いますので。
清十郎はひとまず、見て見ぬふりを決め込んでおりましたが。

その後も、お夏から続け様に恋文が届く。
慣れないながらも懸命に思いの丈が綴られている。
そのうちに、清十郎も心が乱れてまいりまして。
互いにまだ見ぬまま、恋い焦がれるようになりました。

桜咲く春となり、但馬屋一家でも野遊びに行く。
駕籠を仕立てて、お夏と女中が乗り込みまして。
これは女ばかりの花見でございますが。
これに清十郎がお目付け役として同行することになりました。

お夏と清十郎は、この時初めて相手の顔を目にしました。
互いに思い描いていた以上の美男美女。
目と目が語り合いますが、大勢の女中が逢瀬を阻む。

ト、張り巡らした幕の外から、曲太鼓太神楽の賑やかなお囃子が聞こえてくる。
女中たちは物珍しそうに、一斉に幕の外へ駆け出していく。

残されたのはお夏と清十郎のふたりきり。
どちらからともなく寄り添い、手を引きまして。
しばらく経って、女中たちが戻ってきました時には。
清十郎は幕の外、幕の内のお夏は心なしか髪が乱れている。

こんな逢瀬はもう二度とない。
思いつめた二人は駆け落ちを画策いたしますが。

これが後に互いの身を滅ぼすことになろうとは。
この時は思いもよりません。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから