::お知らせ:: 最新怪異譚 焼き場の妖異が我をたばかる を追加しました

 

怪異に精気を抜かれる宿

この怪異譚をみんなに紹介する

どこまでお話しましたか。
そうそう、怪異の宿へ向かう途中で、役人の鄭奇が若い女に同行を頼まれたところまでで――。

やがて、二人は西門亭に着く。
宿の者が現れ、鄭奇は手配していた旨を告げる。
男は帳面を見ているうちに、青ざめまして。

「あ、あの、お二階にお泊りとのことでございますが」
「そうだ。一階は満室だそうじゃないか」
「それでしたら、他の客を相部屋にさせてでも、一階にお部屋を空けさせますが」
「ばかばかしい。妻も疲れているのだ。一階だろうが、二階だろうが、泊まられれば何でもいい」

女は身分を偽った後ろめたさからか、二人から顔を背けている。

こうして、鄭奇は女と二階の部屋に泊まりまして。
さり気なく誘いをかけてみますト。
意外にもあっさりト手の内に落ちてきた。

聞けば人妻だト申します。
他人の妻になびかれた気持ちはまんざらでもない。

女は宿に怪異のあるを知らず。
男をもとより気にしておりません。
二人は悦楽に浸ったまま、朝を迎えました。

心ゆくまで一夜を楽しみましたので。
鄭奇は一人、先に宿を発とうとする。

「だから言ったろう。怪異などばかげたことが、この世にあってたまるか」

宿の者もそれを聞いて安心する。

「奥様は」
「旅の疲れでまだ寝ている。俺は所用で行かなければならないから、起きたら世話をしてやってくれ」

言い残して、鄭奇は宿を後にしました。

ところが、この女はその後、二度と目を覚まさなかった。

あまりに遅くまで起きてこないので、宿の者が不審に思い、戸を密かに開けてみるト。
女は寝台の上で、すでに冷たくなっていた。

「や、やっぱり。怪気に精気を抜かれたんだッ」




たちまち宿中が大騒ぎになりまして。
旅舎からしかるべき役所へ、変事の届け出がなされます。

――ト。
ここに奇妙な事実が明らかになりましたのは。
この女が、汝陽の近隣の村から行方を消したト。
届け出がすでに出ていたことで。

これがただの失踪なら、何の変哲もございませんが。
実はこの女、呉という家の死んだばかりの嫁だった。

昨日、家で病死をいたし、夜に棺に入れようとしたところ。
燈籠の明かりが消えた隙に、死骸が姿を消していたという。

それを聞いて、旅舎の者たちが考えましたことには。

――女が始めから死んでいたのだトするト。
精気を抜かれるのは一体、誰なのか――。

案の定、その後、消息が伝わりまして。

鄭奇は旅舎を出た後、急に体調の異変を訴え出し。
なんとか次の逗留地へたどり着いた時には。
すでに人事不省の状態で。

まさに精気を抜かれた人のごとく。
消え入るように息を引き取ったト申します。

これ以来、人々はこれまでの噂を改めまして。
あれは怪気の棲む宿ではない、怪気に連れ込まれる宿だ。
ト、女をまるで妖鬼のように評したそうでございますが。

考えてみれば、それも違うようでございます。
女の霊も、やはりこの宿の怪気に導かれたものだったのでございましょう。

死美人と生人の交情は、怪気に仲立ちされたものだったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(六朝期ノ志怪小説「捜神記」巻十六ヨリ)

この怪異譚をみんなに紹介する

新着怪異譚のお知らせを受け取る