::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

踊る猫

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

ある山奥に、貧相な荒れ寺がございました。
住職は腰の曲がったヨボヨボの爺さんで。
もうこの年では気力も体力もございませんので。
昼夜なくうとうとトばかりしております。

これではあまりに頼りがないト。
檀家にも一軒二軒と逃げられまして。
檀家がなければ、寺は食えません。
明日の身も知れぬ貧乏寺と成り果てておりました。

ここに、この山寺から唯一逃げ出さなかったものがございまして。
名をトラと申す、これまた年老いた猫が一匹、住み着いておりましたが。
やはり気力や体力の衰えからでございましょうか。
和尚同様、日がな一日、居眠りばかりして暮らしておりました。

和尚にとっても、長年の相棒でございますが。
近頃、悩みができましたのは。

寺が食えなければ、和尚も食えぬ。
和尚が食えなければ、猫を食わせることもできません。
かと言って、そこらに捨てるわけにもいかない。

和尚は悩みに悩んだ末に。
猫に永の暇を言い渡すことに致しました。

――しかし、どうやって伝えたものか。
突然、出て行けと言うのも忍びない――。

そんなことをつらつらと考えていた、ある秋の夜。
今宵は中秋の名月でございます。

貧乏寺の良い所ト申しますト。
こんなときに、邪魔な来客が一切ないことで。

和尚は月でも眺めて、それから考えようト。
縁側に続く障子の方に目をやりますト――。

白い月光を浴びて、鮮やかに浮かび上がる、怪しい影。

スポンサーリンク

和尚は腰をぬかさんばかりに驚きまして。
霞みがちなまなこを、じっと凝らして見つめますト。
小さな影が、両手を頭の左右に掲げ、尾を振りながら踊っている。

――ト、トラのやつめ、ついに化けおったか。

長年、慣れ親しんだ相棒のトラが、取り憑かれたように踊っている。
ほとんど寝たきりで、居眠りばかりしていた老猫が――。

和尚は和尚で、あまりのことに少なからず動揺をいたしまして。
がらりト後ろから障子を開けますト。
猫は、瞬間、憑き物でも落ちたように、ピタッと踊りをやめまして。
人間で申すところの青ざめた顔をして、和尚をハッと振り返った。

「ト、トラや――。お前――」

いかにも気まずそうな表情で、トラが浮かれた両手を下ろします。

「猫は老いると化けるという。化け猫は月を見て踊り出すという。お前に限ってそんなことはないと信じていたが、やはり畜生は畜生よのう。今宵を限りとして、これからは別々に暮らそうじゃないか。なあ、トラよ――」

和尚が寂しそうに語りかけますト。
トラもまた、覚悟を決めた様子でございます。
がっくりと肩を落としながら、すすき野原へ消えました。

その力ない後ろ姿に、和尚は来し方幾十年を思い起こしまして。
密かに涙を流しはいたしましたが。

心の何処かに、「ちょうどいい口実になった」トの考えが。
まったく無かったわけではございません。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから

コメント

  1. レビュアン より:

    失礼しますレビュアンと申します。いつも楽しませていただいておりますm(__)m現代語訳の文章もいかにも古風を残し、素晴らしいと感嘆しております・・・一時期江戸期の、黄表紙本を読んだりしていたことがありましたが・・・・・挫折しました(^^;)今後も楽しみにしておりますm(__)m

    • onboumaru より:

      コメントありがとうございます。
      なかなかこういうジャンルは興味を持ってもらえないのでは、
      と思いつつ始めたブログですので、お褒めいただいて本当に嬉しいです。
      励みにして頑張ります。
      黄表紙を読まれていたとのこと、すごいですね。
      私は活字になったものしか読めません…。
      今後もご愛顧のほどよろしくお願いいたします。