::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

犬が狐を殺しに来る

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

よく犬猿の仲などと申しますが。
同じ畜生同士だろう。
少しは仲良くしたらどうだ。
ト、人間の私からしたら、そう言いたくもなりますナ。

昔、天竺に毘瑠璃王ト申す王がおりましたが。
とある因縁から、釈迦族に激しい恨みを抱きまして。
お釈迦様の制止を振り切り、一族を皆殺しにしてしまいました。

毘瑠璃王と釈迦の一族
こんな話がございます。 天竺の話でございます。 お釈迦様が悟りを開かれて間もないころのこと。 舎衛国(しゃえいこく)の波斯匿王(は...

時に、憎悪というものは、周囲の理解を超えることがございます。

都が奈良にあった頃のこと。
興福寺の僧に、永興禅師ト申す高僧がございました。
当時は紀伊国の熊野に住まい、修行をしておりました。

その頃、近在の村に病の者が一人おりまして。
親族が両手をこすり合わせながら、禅師の住む庵に連れてまいりました。

禅師は快くこれを引き受けまして、祈祷をする。
咒文を唱えますト、たちまちに病は癒えていきました。
病人も親族も、地に額をこすりつけて、感謝する。
そうして立ち去ったかト思うト、いくらも経たぬうちにまた戻ってきた。

禅師はその様子を見て、訝しく思いました。
直してやったはずの病人が、先ほど来た時と同じように苦しんでいる。

「禅師様ならもしやと思い、ここまで訪ねてまいりましたが――」

ト、病人も親族も気まずそうな顔をしております。

聞けばこの病人は、久しい以前からずっとこんなことが続いているト申します。
すなわち、咒すれば癒え、退けばたちまち病を発するのだト。

禅師は是非にと二人から頭を下げられまして。
もう一度、祈祷をやり直してやりましたが。
やがて、病人がむくむくと頭をもたげまして。
狂気に憑かれたような眼差しで、禅師を睨みつけました。

スポンサーリンク

「無駄じゃ、無駄じゃ。咒文なぞ何の役に立とうぞ」

病人が、まるで人が変わったように、凶悪な声音で申します。

「我は狐じゃ。御坊は知る由もなかろうが、我が怨みはきっと晴らさずにはおかれぬ。いくら咒文を唱えようと、我が怨みの訳を知らぬ限りは無用じゃぞ」

精気を失った病人の顔から、毒づくような狐の声。

「どうして、その者に取り憑いておる」

禅師は落ち着いて訳を問う。

「御坊に話したところで、納得はされまい。ともかく、我はこの男に殺されたうえ、死んで狐の身に堕ちたのじゃ。赦すまじ、赦すまじ。きっとその怨みを晴らすまでは、この男を決して赦すまじ」

そう語る間にも、病人の眼光は力を失っていきまして。
狐と自称するその声は、かえって勢いを得てまくし立てる。

禅師は事情を察して、狐に哀れみを感じつつも。
死せし者が生者に害をなすのは、己のためにもならぬのだト。
努めて狐を教化しようといたしますが。

狐の怨念はよほど強いものであるらしく。
それから数日の間、男の体から離れません。

その間も禅師の必死の祈祷は続きましたが。
ついに幾日目かが過ぎた時、男は取り殺されてしまいました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから