後家殺し

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

俗に、義太夫節は音曲の司(つかさ)などト申しまして。
聞いて楽しむのもよし、やって楽しむのもまたよしトいう。
お好きな方は寝食を忘れてのめり込みます。
素人にも本職顔負けの腕前の者がたくさんいる。

そもそもは大坂の竹本義太夫が初めた節付きの語り物で。
座付作者の近松門左衛門が、人形浄瑠璃の傑作をいくつも書きました。

ところで、これは浄瑠璃に限りませんが。
お客が芸人に掛け声をいたします時に。

「待ってましたッ」
「よッ、日本一ッ」

ナドと声を掛けますナ。

花火が上がれば、

「玉屋アァ」

ナドとも叫びます。

ところが、この義太夫を聞くときの掛け声はちょっと変わっている。

太夫(たゆう)が唸る。
徐々に場が盛り上がってまいりますト。
お客が間合いを見計らいまして。

「よッ、後家(ごけ)殺しッ」

ト、声を掛けます。
これが一番の褒め言葉だそうで。

そんな物騒な褒め方を。
何故するのかト申しますト。
後家(未亡人)をフラフラっとさせるほどの。
渋い声だトいう意味だそうで。

さてここに常吉ト申す、大の義太夫狂いがおりまして。
熱心に師匠の元へ稽古に通っておりました。

その稽古仲間に甚八ト申す男がおりまして。
これがある時、ひょいっと遊びに来た。

「どうだい、最近稽古の方は。俺はちょいと怠け癖が出てきたものだから、お師匠さんに叱られちまったよ。――時に、おかみさんはいるかい」

ト、窺うように尋ねる甚八の様子が、いつもと何やら違います。

「親戚に病人が出て、見舞いに行ってる。留守だよ」
「ああ、そうか。それなら、よかった」

スポンサーリンク

妙にもったいぶった言い方をする。

「なんだ、それならよかったとは」
「いや、いちゃあ話しづらい。表通りの伊勢屋の後家だよ。知ってるぞ。いつの間にか、いい仲だって言うじゃねえか。食えねえやつだ」
「ああ、その話か」

ト、意外にも常吉はあっけらかんとしております。

「あれなら、女房も知ってるさ」
「なにッ」
「まあ、せっかくだから、馴れ初めでも聞かせてやろう」

やけに落ち着いた風を気取って、常吉が語りだす。

「あれはそう、三年前だ。三味線弾きの吉蔵が、一緒に来てくれと言う。どこだと言うと、伊勢屋で義太夫の会があるんだと言う。あそこの死んだ亭主は、素人ながら名人だったろう。その後家さんに聞かせるのはなんだか気が引けたが、吉蔵がどうしてもというので付き合った」
「ふんふん」
「前に何人か出て演って、その後俺の番になる。『三十三間堂棟木の由来、平太郎住家の段』と口上を言う。と、年の頃二十七、八の色の白い良い女が、満座の中にひと際光彩を放っている。あれは誰だいと吉蔵に小声で尋ねると、あれがこの家の主の後家さんだと言う。その後家が俺の口上を聞くや、『あら、嬉しい。旦那様が十八番(おはこ)にしていたが、また聞けるんだねえ』と隣りにいた女中に囁いたのが、すっかり聞こえた」
「そいつはやりにくかったろう」

聞いていた甚八が、ここぞとばかりに口を出す。

「そうさ。どうせ死んだ亭主と比べられて笑われるんだろうと思いながら、それでも覚悟を決めてやってみると、あに図らんやというやつだ」
「どうした」
「その後家が、うっとりした様子で耳を傾けながら、俺の調子に合わせて体を揺り動かしている。あれは旦那を思い出しているんじゃねえ。俺の芸に惚れてるなと、ピンと来た」
「随分、思い上がったやつだな」

嘲り笑う甚八に、常吉はいかにも自慢げに。

「いや、そんなことはない。それが証拠に、その日の会が終わった後、俺と吉蔵だけ酒を馳走にあずかった」
「いやしそうな顔をしてたからだろう」
「それが、次の日だ。また吉蔵が来て、『今度は二人で来てくださいと、伊勢屋の後家が呼んでいる』と言う。それから毎日のように呼ばれては、忠臣蔵やらお初徳兵衛やらを語る。そのうちに、ある時から俺一人が呼ばれるようになった」
「ほう、それで」
「その日はもう義太夫はいいという。酒と肴を振る舞われて、良い心持ちに酔ってくると――」
「うん、酔ってくると――」

ト、甚八も思わず身を乗り出します。

「俺の肩にしなだれかかってくるじゃねえか」
「うむ」
「見ると、いつの間にか長襦袢に羽織を一枚羽織ったきり」
「むむ」
「それが三年前のことよ」

甚八が思わず生唾を飲み込んだ。

「それからは、トントントンと裏の木戸を三つ叩くのが二人の合図――」

義太夫を唸るように常吉が、徐々に長子に乗り出しまして。

「ああ、もういい。馴れ初めはわかった。しかし、かみさんも知っているたあ、どういうことだ」
「面倒になると困るから、かみさんに正直に打ち明けた。それが功を奏したんだろう。陰でコソコソされるよりはと、あっさり認めてくれたのさ。すると、伊勢屋の方でもわきまえたもので、こちらは妾宅、そちらは本宅と、盆暮れの贈り物を欠かさず贈ってくる。かみさんも妹のように可愛がってらあね」

どこまで本当か知れたものではございませんが。
常吉は勝ち誇ったように胸を張る。

ところが、その様子を見た甚八の目から。
不敵な笑みがこぼれていることを。
常吉はまるで気づいていない。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから