生き人形のととさま

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

若い修行僧がひとり、東国を旅しておりまして。
その日も暮れ方となり、ある家に一夜の宿を求めました。

「旅の僧でございます。一夜の宿を願います」

するト、破れ戸がガラッガラッと開きまして。
出てきたのは、腰の曲がった皺だらけの老婆。

「およしなさい。女所帯でございます」

ト、老婆は何故かニヤリと笑う。

「さ、左様でございましたか。では、よそへ頼みましょう」

思わず顔を赤らめまして、僧が立ち去ろうといたしますト。
それを見た老婆は、ますます愉快そうに笑います。

「ホッホ。まだまだ修行が足りないようで」

してやったり、トばかりに笑っている。

「お入りなさい。婆ァも女、幼な子も女。ホッホ」

僧もようやく、からかわれていると気づきまして。
後について家の中へ入っていった。

老婆の他には、四十過ぎの痩せぎすの女が一人。
どうやら、老いた母娘の二人暮らしのようでございます。

どこか陰気な娘が、無言のまませっせと世話を焼いてくれる。
麦飯に菜漬け、実のない汁ト、修行者には贅沢すぎるくらいの膳で。
僧がありがたく思いながら、一口一口、噛みしめるように食しておりますト。

ふたりがじっと、こちらを見ている。

僧は妙に思いながらも。
黙って食事を終えまして。
箸を置き、膳とふたりに合掌する。

娘が膳を下げて出る。
戻ってくると、老婆が娘に命じます。

スポンサーリンク

「これ、そろそろ風呂に入れておやり」

娘が頷いて、また立ち上がりましたので。
僧は、この家には内風呂があるのかト。
珍しく思っておりましたが。

戻ってきた娘が手にしていたのは。
手のひらほどの大きさの、二体の裸の人形で。

「御坊様が女の風呂を覗いては困ります。ホッホ」

老婆がまた、嫌な笑い方をする。

娘が盥に湯を張りまして。
老婆が二体の人形を、ゆっくりト湯に漬けました。

すると、それまで干からびて見えた二体の人形が。
まるで命を得たかのように、みるみる瑞々しさを増してゆく。

やがて、まったき人の姿となり。
盥の中を生き生きと泳ぎ始めました。

これぞまさしく、水を得た魚の体(てい)でございます。

「こ、これはまた、どうしたことでございましょう」

僧はあまりの不思議に、気圧されまして。
二体の人形に目は釘付けになったまま。
母娘二人に問いました。

「私がこしらえたのでございます。よければおひとつ進ぜましょう」

老婆は盥から一体を引き揚げまして。
僧の手のひらに無造作にポンと渡した。

濡れた人形の肌が上気している。
僧の手の中で妙な生暖かさを放っている。
五、六歳の小娘のようなのが、こちらをじっと見上げている。

「これの娘でございますよ。私の孫に当たります」

老婆が自分の老いた娘を、顎で指し示して言いますト。
初めて四十の年増娘が、うぶな笑みを浮かべました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから