::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

江ノ島 稚児ヶ淵の由来

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、鎌倉建長寺の僧自休が、江ノ島参詣中に美しい稚児白菊を見初め、煩悩に悶え苦しむところまでで――。

自休はそのように身勝手に歪んだ情理を、固い信念に作り変えまして。
ある時、白菊の住む相承院を、思い切ってみずから訪ねていきました。

鶴岡八幡宮の北西に、かつて二十五を数えた僧坊がございまして。
足利時代に著しく衰えましたが、江戸開府後に十二まで再興されました。
そのうちのひとつが、白菊の住む相承院でございます。
坊号を頓覚坊ト申します。

自休は小さくなって、諸院の間を縫うようにして進んでいく。
門前を掃き清める小僧や、用足しに出るらしい和尚とすれ違うたびに。
好奇の目と遠回しの非難に晒されているような心持ちになる。
自休はいたたまれない思いで、一層、身を縮こまらせた。

「建長寺の僧、自休と申す。学僧の白菊殿がいらっしゃったら、お取次を願いたい」

突然現れた見慣れぬ老僧に、誰もが眉を顰めます。

くすくすと笑う者もある。
こそこそと噂話をする者もある。

初めに出てきた者が奥へ入っていってから、だいぶ時間がたちました。

自休もそろそろ焦れ始めた頃。
兄弟子らしき僧に寄り添われて。
ついに白菊がおずおずとやってきた。

その姿を見て、自休はようやく我に返りました。

待ち焦がれていた白菊の面影が。
あの崖の上で見た息を呑む美しさとは。
まるで別物だったからでございます。

青白い顔を脂汗で濡らしている。
両のまなこは恐怖で歪んでいる。
口元がわなわなと震えている。

「あ、あの――。いったい、な、何の用です」

その声までが震えている。
自休はただただ申し訳ない気持ちになり、

「文を持参いたした。どうかお収めいただきたい」

ト、懐から取り出して白菊の胸の前へ差し出しましたが。

白菊は思わずのけぞって。
穢らわしいものから身を避けでもするように。
眉をしかめてただ見ておりましたが。

やがて迷惑そうな兄弟子に促されまして。
渋々と文を受け取りますと。
指先で摘んでさっと腰の後ろに回しました。

自休は恥ずかしさに消え入りたい気持ちになりまして。
逃げるようにして己の庵へ駆け戻っていく。

――あの麗しい容貌を、己は恐怖に染めてしまった。

自休は深い悔悟に陥りましたが。
かと言って、恋慕の情が治まるわけでもございません。
むしろ、受け入れられなかった惨めさのために。
かえって想いを深めていきました。

自休は翌日も、翌日も、その翌日も――。

老体に鞭打って、相承院を訪ねては。
もはや現れもしない白菊あてに文を託す。

スポンサーリンク

届いているかどうかも分かりません。
それでも飽くことなく、けなげな百日詣を。
ひと月、ふた月、半年と続けておりましたが。

ある日のことでございます。

今日も懲りずに門をくぐる自休に、供僧たちが駆け寄った。

「あなた、それどころじゃありません。大変なことになりました」

ト言ったきり、自休には目もくれず。
皆、一目散に駆け出していく。

自休は胸騒ぎがする。

袈裟衣の裾をたくし上げて、必死になって後をつけていく。
こけつまろびつ、こけつまろびつ――。

供僧たちがたどり着いたのは。
果たして江ノ島の断崖の上。
あの日、自休が白菊を初めて見た場所でございます。

「ここから身を投げる前、渡し船の船頭にこれを託したそうでございます」

自休は手渡された扇をつくづく見る。
そこには、辞世の歌が二首、書き遺されていた。

「白菊にしのぶの里の人問はば 思ひ入り江の島と答へよ」
(信夫の里の人が白菊の行方を尋ねたなら、思い詰めた末に江ノ島の海に入ったとお答えください)

「うき事を思ひ入江の島かげに すつる命は波の下草」
(嫌な思いを断って島の陰に命を捨てます。波の下に隠れるのですから、もう会うこともないでしょう)

この歌の真意をどう受け止めるか。
それはもはやその者次第でございましょうナ。
もし、これが私なら――。
イヤ、やめておきましょう。

自休は崖の上から海を覗き込んで見る。

白波が岩肌に激しく打ち付けている。
しぶきを上げて、千々に砕けていく。
その波間にふと一刹那。
愛しい白菊の姿が見えたような気がした。

「白菊の花の情けの深き海に ともに入江の島ぞうれしき」

自休もまた歌を詠みまして。
人々の手を振り払い。
崖から身を投げ、波の中に呑まれていった。

しがらみや戒めから初めて解き放たれた人のように。
その表情は穏やかで晴れやかであったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(相州ノ伝説ヨリ。四代目鶴屋南北作ノ歌舞伎「桜姫東文章」、河竹黙阿弥作ノ歌舞伎「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ。別題「弁天娘女男白浪」、通称「弁天小僧」)」ナドノ原拠ナリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから