魔物の棲む家

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、憤怒の形相で現れた父が、息子二人に突如襲い掛かってくるところまでで――。

二人の息子から話を聞いた母親は。
更に怪訝そうな顔を浮かべます。

「お前たちは一体、何を言っているんだい。父さんなら今日は一日中、庭の手入れをしていましたよ。私も一緒でしたから、間違いありません」

兄弟は顔を見合わせまして。
いや、そんなことはないト、母に反論する。

「それなら、父さんを呼んでこようじゃありませんか」

母の提案に、息子二人はゾッとして反対しましたが。
騒ぎを聞きつけて、父の方から三人の前に姿を現した。

「さっきから何を言い合いしているんだい」

その姿はいつもの穏やかな父そのものでございます。

兄弟二人はぽかんとして、父を眺めておりましたが。
段々にこれが正気の父だと知れましたので。
昨晩からの事のいきさつを語って聞かせますト。

「待て、待て。俺は夕べ、お前の部屋になど行っていないぞ」

ト、父が長男の言い分をまず否定した。

「そもそも、小二が宋さんの家に出入りしているなど、今まで一度も聞いたことがない」

小二はそれで少し溜飲を下げて、

「それでは、さっき畑に来たのは」

ト、尋ねますト。
父も少し考えまして。

「どうやら、この家には妖物が取り憑いているのかも知れぬ」

ト、腕組みをして深刻そうに答えました。

「こうしよう。俺の大事にしている刀二本を、お前たちに一本ずつ渡す。明日の朝は鍬の代わりにそれを持っていって、妖物がまたやって来たら是非なく斬り殺してしまえ」

翌朝、二人の息子は父から渡された刀を、腰に差して家を出る。

ところが、二人を見送った後、父と母は何だか心配になりまして。

「あなた、あの子たちに何かあったらどうするんです」
「そうだな。心配だ。やはり、俺が行ったほうが良いだろうか」

ナドと相談しているうちに、どんどん不安が募りまして。
父は息子たちを追って、慌てて家を飛び出していった。

一方、息子たちは畑に向かって二人で歩いておりましたが。

スポンサーリンク

「に、兄さん」
「来たな」
「や、やりますか」
「やるしか、な、ないだろう」

ト、二人は震える手で刀を振りかぶり。
手を上げ、声を立てながら走ってくる父の偽物めがけ。
目を瞑り、意を決して斬りかかりますト。

哀れ、妖物ト間違えられた本物の父は。
頭から鮮血を噴き出して、その場で息絶えてしまいました。

「よくやった。それでこそ、俺の倅だ。今日はお祝いだ。豪勢にやろう」

帰宅した二人の息子から報告を受け。
上機嫌で酒をあおる父の横柄な姿に。
小二はあからさまに違和感を抱く。

兄の顔からみるみる血の気が引いていった。

「に、兄さん――」
「――何も言うな」

母も困惑しているのが分かる。
しかし、誰もそのことを明らかに口にはいたしません。

そうして、数年がつつがなく過ぎる。

ある時、親子四人の住む家に、旅の道士が立ち寄りまして。
四人の素晴らしい饗応に、心地よく酔っておりましたが。

厠へ立った小二の背後から。
件の道士が近づいてくる。

「あなた方のお父さんから、ただならぬ妖気を感じます」
「何のことです」
「あれは本当のお父さんではない。妖物です。妖物のなりすましに違いない」

道士は無論、密かに警告したつもりでございます。
まさか、その一言が命取りになるとは思ってもいない。

「どうしました。何をそんなにじっと見つめるのです。何故、腕を握るのです。放してください。あッ――」

背後から何者かが道士に斬りつける。
鮮血が壁に、床にト飛び散った。

「兄さん――」
「何も言うな。妖物でも父さんには違いない」

その後も彼ら家族四人は、つつがなく過ごしたト申します。

得体のしれぬ妖物よりも。
罪の自覚が人を苦しめるという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(六朝期ノ志怪小説「捜神記」巻十八ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから