月蝕む夜に鞭打つ女

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
平安の昔の話でございます。

うら寂しい夜の通りを。
男がひとり歩いている。

年の頃なら三十ばかり。
背丈はスッと伸びるように高く。
頬の髭は少し赤茶けている。
侍格好の逞しき男児でございます。

「気味の悪い晩だ」

ト、男がふと嘆いたのも無理はない。

その視線の先。
中空に赤銅色の月が浮かんでいる。
雲一つない闇夜に浮かびあがる。
鉄塊がくすぶったような色の丸い月。

輪郭に白い光を僅かに残し。
徐々に闇に蝕まれていく。

今宵はいわゆる月蝕でございます。

「ええいッ」

男はこの何やら不吉らしい気分を振り払うように。
肩をブルブルッと震わせると、力強く歩を進めていった。

ト――。

「チッチッ、チッチッ」

どこからか、鼠でも鳴くような。
イヤ、人が舌でも鳴らすよな。
そんな妙な音が聞こえてくる。

ふと見るト、通りに面した家の半蔀(はじとみ)の中から。
白く艶めかしい腕がニュッと伸びている。
その手が男を招きます。

「――どなたですかな」
「何も問わずにいらっしゃい――」

男はその声にふっと魂を掴まれたような心持ちになる。
まるで童女のように清らかな声音でございますが。
その調子には、何か有無を言わさぬ気迫がある。
同時に何か暖かく見守るような笑みがある。

男は魅入られたように押し戸を開き。
屋敷の中へ入っていった。

部屋に上がるト、そこに御簾が下ろされている。
上げた半蔀から月明かりが差し込んで。
女の容姿を浮かび上がらせている。

「はて。月は今しがた、闇に蝕まれたばかりのはずだが――」

男は奇妙に思いながらも。
もはや、そんなことがどうでも良くなりましたのは。
御簾の中に座した女の、まばゆいばかりの麗しさのためで。

年の頃は二十歳ばかり。
白くみずみずしいかんばせに。
黒い髪を床まで垂らしている。
娘がちょこなんと座してこちらを見ている。

男は、つい見とれて立ち尽くしている。
女は、不意にニコリと笑う。

神女にいざなわれるようにして。
男は女と共寝をした。

スポンサーリンク

ドンドンドン――。
ドンドンドン――。

気を失ったように眠っていた男の。
夢を覚ますような荒々しい音。

男はハッとして目を覚ます。
横にはあの女が眠っている。
やはり夢ではございません。
外では誰かが門を叩いている。

他に誰も居ないので、男は意を決して門を開けてやる。
現れたのは、侍らしき男ふたりト、女房らしき女ひとり。
下女を伴って屋敷に入ってまいりますト。
蔀を下ろし、明かりを灯し、二人の前に食事を並べ始めました。

女に促されて、男は食う。
女も品を保ちながらもよく食べます。
食べ終わるト、女房が器を下げて去っていった。

そうして再びいざなわれる男。

「この女――。何者だ」

男は訝しく思わぬでもないが。

女の肌ト髪の香りに、ウッと包まれてしまいますト。
もう、どうでも良いではないかトいう気持ちになり。
終わることのない情欲の波に。
身を委ねきっておりましたが。

やがて、朝になるト。
さすがに不安が波濤トなって。
心に押し寄せてまいります。

ト、その波濤に乗って現れたのは。
昨晩とはまた異なる男女の従者。
蔀を上げ、床を掃き、食事を二人に供します。

あれよあれよト、また夜になる。

そうこうして、それから幾日も。
昼となく、夜となく。
同じような時が繰り返されていきましたが。

ある時、女の従者らしき男たちが。
糊の利いた装束を持って現れますト。
男に着させてくれました。
すっかり男は亭主の体(てい)で。

「図らずも、こんな仲になってしまいました」

一つ衣を夜着にして。
共にくるまる男と女。
女は男の胸に手を当てて。
しおらしくそんな言葉をつぶやきますト。

「こうなっては、もう離れられません。生きるも死ぬも私の意のままに――」

ト、迫るように男を見た。

「ああ、いいとも」

男はつい、そんな安請け合いをする。

「その言葉、決して偽りはございませぬか」

刺すようにそう念を押されまして。
男は思わず冷やりとした。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから