::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

熊野起請文 烏の祟り

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、主人の信頼厚い手代の作十郎が、保身のために嘘の起請文を書いたところまでで――。

作十郎は相も変わらず。
主人仁兵衛の前ではゴマをすり。
その裏では、私利私欲に精を出す。

もはや、取沙汰する者もおりません。
あのお人好しの主人ではト。
みなただ呆れているばかりで。

悪盛んなるときは天に勝ち、天定まって人に勝つ。
――トハ、申しますが。

やがて、作十郎の身にも遅ればせながら異変が起きた。

「痛い、痛い、痛いッ――」

筍がニョキニョキ生えるがごとく。
膚の下から、黒く大きな瘡が突き破って出る。
痛しも痛し、言うに及ばずでございますが。

やがて体中を不気味な瘡が覆い尽くしますト。
その一つ一つがじりじり火照り。
火に焼かれるがごとく熱を発する。

さしもの悪人も呻き悲しむばかりでございます。

寄ってたかって様々な薬を与えはしましたが。
一向に験しがございません。
作十郎はもはやものも言えずに喘ぐばかりで。
七日目にとうとう息絶えてしまいました。

するト、その屍を埋め尽くした黒い瘡が。
たちまち、酷い臭いを発し始めた。

「なんだ、この臭いはッ。まるでカラスを焚き火に投げ込んだようだッ」

売り物の米に臭いが移っては大変ト。
奉公人一同で慌てて死骸を寺に送る。
さっさと墓場で土葬にいたしまして。
上から卒塔婆を立てて帰りました。

やがて初七日トなりまして。
主人の仁兵衛は、やはりお人好しでございますから。

幼時より手塩にかけし子飼いの奉公人を失いまして。
かわいそうにト涙を流し、坊主を呼んで経を読ませた。

それから、作十郎の眠る寺の墓地へト参りまして。
南無阿弥陀仏ト手を合わせておりますト。

ベキベキッ――。
ベキベキベキッ――。

スポンサーリンク

作十郎の墓に立てた卒塔婆が。
ベキベキと凄い音を立てはじめた。

樅の木の板は、日に照らすとギュッと締められまして。
メキメキと音を立てるものだト申しますから。
仁兵衛も「さもありなん」ト思って見ておりましたが。

「旦那様。それにしても、これは少し酷すぎます。いつまでも鳴り止む気配がございません。オ、オヤオヤ――」

ト、憂うそばからぐらぐらト。
卒塔婆が震え、揺れ倒れる。
塚は崩れて、その中から――。

ワッと弾き出されるように飛び出したのは。
幾日前に死んだばかりの作十郎の死骸。

体がひどく反り返って、手足を浮かせたまま地に倒れ込む。

奉公人は恐れをなして逃げ帰る。
たった一人残った仁兵衛も青ざめておりますが。
このまま捨て置くわけにもまいりませんので。
住持に頼み、火葬にしてもらうことにいたしました。

積み重ねた薪がパチパチ音を立てて燃え始める。
ところが、その火の中から二度も三度も。
当の死骸が弾かれるように飛び出してくる。

「くさいッ。なんて臭いだッ。まるでカラスを火に投げ込んだようだッ」

全身を業火に包まれながら。
反り返っては跳ね、反り返っては跳ね――。

最後はまるで火車のごとく。
己が車輪のように手足が背後で繋がって。
コロコロと坂道を転がりながら、何処かへ去っていったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(平仮名本「因果物語」巻四の六『私をいたしける手代の事』ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから