::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

五色の鹿

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。
平安の昔の話でございます。

信濃の国の山あいに。
猟師がひとり住まっておりまして。
この者はすこぶる変わり者でございます。
世の人々と交わろうトいたしません。

人嫌いかト申すトそうではない。
浮世を疎んでいるわけでもない。
ただ、生来の無口にかまけているうちに。
年経てしまったのがそもそもの始まりで。

朝は早くから山へ入り。
猪や鹿を待ち伏せますが。
そう常に獲物にありつけるわけではございません。

手ぶらで山を降りる日が続きますト。
律儀に毎夕、家へト帰っていくことが。
徐々に馬鹿馬鹿しくもなりまして。

どうせ、親類縁者もございません。
近所に住む者も多くはない。
親しい者ナドもとよりない。
麓にあった住処は年々山奥へ移っていく。

山に起き伏しし。
山を彷徨い。
獣を追い求め。
獣に焦がれる日々でございます。

こうして、三十路を越した時分には。
すっかり世捨て人のごとき身の上となっておりました。

この世にこの男のあることを知る者は。
日々追われる鳥獣くらいではないかトいう。
己がまだ人語を忘れていないのが。
かえって不思議にさえ思われます。

「おーい」

ト、たまにこの寂しい猟師の者は。
谷間に向かって叫んでみるが。
返ってくるのは己を模した、
山彦の嘲る声ばかり。

さて、そんなある春のこと。
雪解け水が山奥深くから。
谷へ谷へと流れていく。

今日も今日とて、獲物に恵まれず。
夕陽を虚しく背に浴びながら。
猟師は住処の小屋へ戻っていく。
ト、その道すがら。

バタバタバタと騒がしく聞こえてくる突然の羽音。
はっと空を見上げるト、飛び立っていくひばりの群れ。
あの藪に獣がひそんでいるのに違いない。
そう思っているところへ、草むらから兎が三匹飛び出してきた。

猟師は慌てて矢をつがえるが。
このところ暇だったせいか、うまく狙いが定まらない。

兎たちは猟師のことなどお構い無しで。
駆けては立ち止まり、跳ねては立ち止まりで。
谷川のほとりまでやってきた。

どうどうト激流が轟音を立てて流れていく。
野兎三匹は怖いもの知らずでございます。
飛び石伝いに川を渡ろうとしている。
猟師は後ろから静かに近づいて、再び矢をつがえました。

スポンサーリンク

「よし。今だ」

ト、弓を引き絞る手に力が入ったその刹那。
猟師は岩場に掛けた足を滑らせまして。
そのまま水にすくわれて、川面にひっくり返る。
たちまち激流に呑まれ、流されてしまいました。

それからしばらくは我をも失ってしまいまして。
どこをどう流されたのかも覚えていない。
ふと気がついたときには、浮きつ沈みつ。
きらめく空を水越しに、川底からぼんやりト眺めていた。

「ああ。俺は死ぬのだな」

猟師がそう思ったのも無理はない。

正気はあるにはあるものの。
体が言うことをまるで聞きません。
ただ残された時間をゆらゆらト。
揺らめく川面を眺めて、流されているばかり。

ト、諦めていたその時。

不意に水面が激しく波立った。
何者かが川岸からばしゃばしゃト。
音を立てて駆け寄ってきた気配がある。

次の瞬間。
猟師は水底から掬い上げられまして。
高く宙へ舞い上がりますト。
再び、川底へと叩きつけられた。

困惑する間もなく、再び背中から何かに掬い上げられる。
そして水底から空高く舞い上がり。
そのまま川底にバシャンと叩きつけられる。

何度かそれが繰り返されまして。
気がつくと川岸で伸びていた。

「なるほど。誰かが俺を助けてくれたのだな」

そう気づいて、ゆっくり目を開けますト。
こちらを覗き込んでいるのは人ではない。

体を五色に輝かせ。
頭には白い角を生やしている。
大きな鹿が一頭、猟師を見つめておりました。

この白い一本角で、水底から掬い上げてくれたのらしい。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから