::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

餓鬼憑き ヤビツ峠の落武者と霊

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、三増峠の戦いで敗走した北条方の落人六名が、野原に埋伏する敵の槍を見て観念し、次々と自決して果てるところまでで――。

「太助。貴様はこれを使え」

若党が、死んだ仲間の刀を太助に渡す。
抜き身の刀がズシリと重い。
血に濡れた刀身がぬらぬらト妖しく光っている。

「よし。いくぞ」

ト、こちらに向かって構えた若党の。
死を決意した鬼気迫る眼差しが。
太助の目にはまるで鬼神か夜叉が。
生肝を求めているように見えてなりません。

「ヒイッ」

太助は持ち慣れぬ刀を思わず突き出す。
ト、虚を突かれた若党のみぞおちに。
ズブっと見事に突き刺さりまして。
そのままこちらへ覆いかぶさってきた。

目の前には断末魔の死に顔が。
胸のあたりにはぬるく生臭い血が。
肌にじとりじとりト染み込んでくる。

いつしか正気が遠のいていった。

気がつくト太助は血の池の中で。
死骸に抱きつかれて倒れておりましたが。
死に物狂いで亡者の縛めから抜け出しますト。
取るものも取りあえず、その場から駆け出していきました。

ト、藪を抜けて広い野原へ出たその刹那。
太助は遅まきながら思い出した。

「しまった。向こうには敵が――」

慌てて立ち止まりはいたしましたが。
考えてみるト、何かがおかしい。
西日が沈みかけているのを見るト。
あれから一とき(二時間)以上は過ぎたはずだが。

敵の伏兵たちは今も一糸乱れず。
槍を天に向けて構え続けている。
一体、誰を待ち伏せていると言うのだろう。

ふと、疑念を抱いた太助の目に。
ようやく見えてきた真実の姿。

「ヤッ。あれは――。幻だったか」

野原の果てに立ち並んでいたのは。
伏兵の槍などではございません。
それは稔りの秋の刈り入れのために。
斜めに切られたもろこしの茎でございました。

あまりのことに太助は。
愕然として座り込む。

もろこしごときに怖気づいて。
我が殿も執事も若党たちも。
むざむざト命を捨てたとは――。

日は沈み。
風が吹き。
憎きもろこし畑がサラサラ揺れる。

あれから如何ほどが経ったろう。
力なく座り込んだ太助の脳裏に。
現れては消える姿が一つある。

幼い頃から仲の良かった弟儀助でございます。

儀助は今頃どうしているだろう。
弟もまた、さる武将の従者として。
此度の合戦に参じているはずだが。
戦の混乱からうまく逃げ出していればいいのだが。

太助は立ち上がり、歩きだす。
それから幾日もの間。
弟に会いたいというその一心で。
丹沢の山中をひとり彷徨い続けましたが。

行けども行けども、道は開かれません。
獣も通らぬような深い藪ばかり。
食い物と言えば腰袋に入れた焼き米と塩がひと掴みずつ。
これを後生大事に、少しずつかじり、舐めては餓えをしのいだ。

ところがどれだけ歩いても、一向に山からは抜け出せません。
迷うほどに不慣れな土地ではないはずだが――。

彷徨いつつ、また幾日、幾十日が過ぎました。
焼き米も塩も、砂粒ほどにしか残っていない。

――儀助はもう村へ辿り着いているだろうか。
さもなくば、あれもさぞかし餓えていように――

名も知らぬ峠の一本道を、弟の身を案じつつ。
夜風に吹かれてふらふらト漂泊していた、ちょうどその時。

暗い夜道の向こうから、同じようにおぼつかない足取りで。
ふらふらトこちらへ歩いてくる、若い男らしき姿が見えた。

スポンサーリンク

夜目を凝らしてよく見てみますト、背中に何かを背負っている。

――あれは、矢櫃(やびつ)か。

おそらく主人の矢を櫃に入れ、背負っているのでございましょう。
トすればこれも己と同様、落人なのに違いない。

――敵か、味方か。

月明かりに男の姿が照らし出されるのを。
木陰に立ってじっと待った。

夜道を徘徊する若い落人が。
森の木々の影からふっと抜け。
月光の下にスッと姿を現す。

あまりのおぞましさに太助は凍りついた。

髪はざんばらで、ところどころが抜け落ちており。
頬はげっそりトこけ、手足も骨と皮ばかり。
あばらが無残にむき出しになり、腹ばかりぽっこり膨れた若者が。
裸に矢櫃のみを背負い、意思もなくただ呆然と歩いている。

ひん剥いた目玉がギョロリと太助の姿を捉えた。

「儀助ッ。お前生きていたか」

いくら変わり果てた姿になろうとも。
弟の姿を見逃すわけがございません。
懐かしい面影に歩み寄り、抱き寄せようとした兄に。
突如襲い掛かってきたのは、耐え難いほどの空腹で。

太助は思わず腹を押さえてうずくまった。

これまでなんとか凌いできたのが。
今更になっておかしなくらいに腹が減る。
視線の先には、餓鬼の如き姿の弟儀助が。
ニヤリ、ニヤリと不敵な笑みを浮かべている。

「ウウッ、ウウウッ、ウウウウゥゥゥゥゥ――」

儀助、いや、一体の餓鬼が、舌なめずりして呻いている。
もはや己が人であったことを、忘れてしまっているかのように。
そこにいるのが兄だとは、もはや思い出せないかのように。

――腹が減った。食いたい。

身を案じてきた弟がすぐそこにいるというのに。
その弟が変わり果てた姿になってしまったというのに。
呪いにでも掛けられたように、太助は腹が減ってしまって動けない。

(オマエモ、ウエロヨ)

ふとそんな声が聞こえてきたように思いましたが。
太助は地を見つめたまま動けません。

千鳥足の餓鬼がこちらに近づいてくる。
太助は懸命に頭をもたげる。

「ぎ、儀助――。待て――」

目の前に迫っていたのは。
目玉をひん剥き、大口を開けた。
げに凄まじき鬼の形相。

ガリッと耳に聞こえたのが。
この世の音の聞き納め――。

いつしか名も無きこの峠は、ヤビツ峠と呼ばれるようになり。
これを越える旅人は、餓鬼にきっと食い物を施せト。
さもなくば餓えに取り憑かれ、取って食われてしまうぞト。
そう戒められるようになったという。

そんなよくあるはなし――。
もとい、余苦在話でございます。

(三増峠合戦ニ纏ワル相州ノ伝説ヨリ)

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから