::お知らせ:: [ 画師略伝 ] を開設しました

苺の六郎、雪の十二郎

この怪異譚を友達とシェア

こんな話がございます。

甲斐国は身延のあたりの山あいに。
母ひとり娘ふたりの女所帯がございました。

父は五年前に亡くなりまして。
母は元々その後添えでございました。

妹娘のお君は今の母の子でございますが。
姉娘のお雪はト申しますト。
これは死んだ前の母が産んだ子でございまして。

世の中に継母と継子の仲ほど面倒なものはございません。
誰しも腹を痛めて産んだ子が可愛いものでございましょう。
前の女が産んだ子など、まるで仇も同然で。
しかも、その父親はもうこの世におりませんので。

「お雪。お前はどうしてそんなにのろいんだよッ。一体、誰に似たんだろうね」

ト、おっかあは何かにつけて姉のお雪を責めますが。
実のところ、真にのろいのは妹のお君のほうでございます。

「おっかあ」
「何だい。お君」
「あたい、苺が食べたい」

時は十二月。
外は一面の雪景色。
苺は六月に実をつける。
夏の水菓子でございます。

「おお。よしよし。苺が食いたいか。そうか。待っておれ」

不出来な子ほど猫可愛がりしたくなる。
おっかあは、お雪の方をギッと睨みますト。

スポンサーリンク

「お雪」
「はい――」
「お前、採っておいでよ」
「――でも、おっかあ」
「いいから採っておいでよ」

ト、薄っぺらい着物一枚のまま。
籠を背中に負わせ、さっさと家から追い出した。

しんしんと雪は降り積もる。
裸足同然の足で、道なき道をかき分けていった。

あちらの野原。
こちらの山道。
どこを向いても真っ白で。

お雪はそれでも手当たり次第に。
あちらこちらを掘ってみますが。
木いちごだろうが、蛇いちごだろうが。
こんな真冬に生っていようわけもない。

手も足も雪に凍えて真っ赤に染まっている。
寒空に吐く息が薬缶の湯気のように真っ白い。
半とき探せど、一とき探せど、苺は一向見つかりません。

腹が減る。
北風が身に染みる。

「おっかあ――」

ト、思わず慕ったのは。
あの鬼婆ではございません。
優しかった本当のおっかあの方で。

次第に目の前がぼんやりトしてくる。
お雪はばたりト前のめりに倒れますト。
やがて吹雪に取り囲まれ、気を失ってしまいました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから