::お知らせ::  [ 画師略伝 ] 「月岡芳年 ―血みどろ絵師は「生」を見つめた―」を追加しました

苺の六郎、雪の十二郎

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、継母にいじめられたお雪が、苺摘みに雪野原へ追い出されるところまでで――。

「これこれ。どうした。風邪をひくぞい」

それからどれほどの時が経ったのやら。
気がついて頭をもたげて見てみますト。
背後から老人がひとりこちらを覗き込んでいる。

身の丈はやっと四尺八寸(144cm)ほど。
髪も髭も白くて長い、奇妙な老人でございます。

「手も足も霜に焼けて真っ赤じゃぞ。なにか訳があるのじゃろう」

思わず情にほだされまして。
実はかくかくしかじか――ト。
すがる気持ちでこれまでのあらましを訴えた。

「なんじゃ、そんなことか。それなら、わしに着いてきなさい」

老人は訳もなさそうにそう言いますト。
答えも待たずにスタスタと雪道を歩いていきました。

お雪は来し方を振り返る。
どうせこのまま帰るわけにはいきません。
ままよ、ト立ち上がり、老人の後をついていった。

老人はお雪を振り返りもしない。
まるで通い慣れた道かの如く。
未踏の雪原を横切っていく。

白い空には何やら怪しげな黒い鳥が。
二人の跡を追うように飛んでいる。

お雪は心細くなりまして。
何度、帰ろうと思ったことか知れません。
それでも、今さら帰る道も分かりませんので。
仕方なく後をついていきますト。

やがて目の前に現れましたのは。
見たこともない大きなお堂のような建物で。

「ここはどこです」

不安になって尋ねますト。

「わしの家じゃ。入りなさい」

スポンサーリンク

ト、老人は答えて中へ入った。

「おおい、帰ったぞい」

呼びかける老人のその声に。

「おお」

ト、響いた勇ましい声にお雪は驚いた。

見るト、お堂の高い天井の梁という梁に。
ズラリと並んだ若衆たちの姿がある。
その数、ざっと十余人。

ある者は腰を掛け、ある者は立ち上がり。
また、ある者は器用に梁の上を歩き回っている。

「一郎」
「おお」

ト、勢いよく手を挙げましたのは。
凛々しいひとりの若者で。

「二郎」
「おお」

すっくト立ち上がりましたのは。
やや柔和な顔つきの若者で。

それから、三郎、四郎、五郎、六郎――ト。
一人ひとり呼ばれるたびに返事をする。

穏やかな顔、笑みに満ちた顔、晴れやかな顔、爽やかな顔――。
実に様々な顔が揃っている。

合わせて十二人の若い男が、老人の呼びかけに答えましたが。
これがみな全て、老人の息子なのだト申します。

最後の幾人かは実に険しい表情を浮かべておりまして。
殊に十二郎の凶悪な目つきに、お雪は思わず肩をすくめました。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから