::お知らせ::  [ 画師略伝 ] 「月岡芳年 ―血みどろ絵師は「生」を見つめた―」を追加しました

画皮 美女の化けの皮

この怪異譚を友達とシェア

どこまでお話しましたか。
そうそう、婚家から逃げ出した娘をかくまった王某が、女の誘惑に堕ちていくところまでで――。

王には陳氏から娶った妻がある。
これは才色兼備を絵に描いたような。
賢妻ト申すべき女人でございましたが。

それでも、女である以上嫉妬をする。
やがて書院に娘を匿っていることが。
この賢妻の知るところトなった。

ところが、そこは賢妻。
並の女のように、下品に声を荒げたりナドいたしません。

「それで、どの家から逃げてきたのです」

ト、こう聞いた。

「いや、よほどの大家だとは聞いたが、よく知らない」
「それでは一刻も早く追い出しておしまいなさい」
「いや、それは――」
「仮に然るべき家柄の妻妾などでもあったなら、匿っている私たちが罪に問われます」

それももっともではございますが。
王はいまさら可愛い娘を手放す気にはなれません。

どうしようどうしようト。
どうにも腹を決めかねたまま。
王は気晴らしに街へ出た。

「これ、待ちなさい」

不意に呼び止められまして。
振り返ると、そこに道士がひとり立っている。

「なんとも。これほどまでの妖気も珍しい」
「なんのことです」
「貴公、近頃、妙な出遇いがございましたろう」
「え、いや、その――」

痛い腹を突かれまして。
王はしどろもどろになる。

「隠しても無駄だ。命が惜しからば、すぐに手を切りなさい。こら、待ちなさい――」

咎められれば咎められるほど。
哀れな娘が愛おしくなる。
いつまでも匿ってやりたくなる。

「なに、イカサマ道士が金をせびろうというのだろう」

王は娘の待つ書院へと駆け戻る。
門に手を掛けて、ふと妙に思った。

中から錠が下ろされている。

オヤと思って裏へ回り。
門壁をよじ登って中へ入った。

スポンサーリンク

書院の戸も固く閉じられている。

「あの娘、なにをしているのだろう」

嫌な胸騒ぎを抑えながら。
庭へ回って植え込みの陰へ。
そっと屋内をのぞいてみるト。

「ヤッ――」

我が目を疑った。

娘の部屋にいるのは人ではない。

青黒い顔のカラカラと干からびて。
鋭い牙を鋸のようにズラリと並べた。
おぞましくも凄まじい妖物が一体。

寝台になにやら大きな革のようなものを広げている。

「あ、あれは――」

卒倒しかけたのも無理はない。
広げているのはただの革ではない。

明らかにそれは人の体から剥いだ皮で。

透き通るように薄い人の皮の裏が。
乾いた血で固まっているのがよく分かる。

青い顔の妖物は。
広げた皮を前にして。
筆をさらさらト走らせていた。

「顔だ――」

まるで筆先に鬼神の宿るが如く。
妖物の走らせる絵筆の先に。
例の娘の顔がみるみるト浮かび上がった。

妖物は満足げに筆を置く。

しばらく見入った後で、やおら皮を手に取るト。
さっと目の前でひるがえす。

頭からすっぽり皮をかぶるト。
あっという間に、かの娘の姿に化けおおせた。

――チョット、一息つきまして。

スポンサーリンク

この怪異譚を友達とシェア

新着情報のフォローはこちらから